シマトネリコ

https://lovegreen.net/growing/p466/
日向から半日陰
ベランダや庭で管理する場合、春~秋の時期であれば外に出しっぱなしでOKです。
水切れに弱いので、特に夏の乾きやすい時期は土の表面が乾いてきた段階でやるといいでしょう。
-3℃まで耐えられます。夏の暑さにも大変強い植物です。
植え替え
適期は4~6月。
生育の早い植物ですから、根詰まりしないように2年に1度は植え替えをしましょう。もし、鉢底の穴から根が出てきているようなら、毎年でも植え替えることをおすすめします。下の葉っぱが急に変色して来て、鉢底から根が出ている場合、根詰まりしている可能性があります。ひとまわり大きい鉢に植え替えてあげましょう。
市販の観葉植物用の培養土がおすすめ。自分で用土を作る場合は「小粒の赤玉土」と「腐葉土」を、「6:4」もしくは「2:1」の割合に配合します。
肥料
植えつけるときに緩効性化成肥料を元肥として与えます。植え付け後は、3月ごろにやはり化成肥料を毎年与えるようにしましょう。
剪定
生育旺盛で、庭植えにすると6~15mにもなります。
鉢植えで楽しむには、ですから剪定が不可欠。適期は春~秋まで剪定は可能です。あまりにも、葉っぱの量が多いと風通しが悪く、病害虫にもかかりやすいので上に伸びる枝を切って、剪定しコンパクトに整えましょう。
真夏の直射はNGです。
葉やけを起こしてしまい、悪化すると枯れることもあります。夏場の水やりは涼しい朝方の時間帯か、夕方の時間帯にしましょう。室内での管理の場合、水をあげたら蒸れないように風通しよくしましょう。

http://sodatekata.net/flowers/page/273.html
直射日光を避けた、明るい日陰が好ましいです。
観葉植物の土
霜は外気温4度で発生し始めます。霜は植物の細胞を破壊するので対応機能の無い植物は駄目になります。なので戸外で管理する場合でも軒下など霜が当たらないところで。
5月前後に白くて香のある小さな花を咲かせ、その後、実をつけます。

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-904/target_tab-2
https://horti.jp/1948


セントーレア

http://sodatekata.net/flowers/page/1035.html
夏の高温多湿に弱い
風通しが悪い場所だったり、暖地だと枯れて消えてしまうことがよくあります。
冬の寒さには強く関東であれば、地上部は枯れますが戸外で越冬します。
乾燥には強い、水のやりすぎ注意
春から梅雨前に適宜、薄い液肥をやる程度
日当たりで管理、でも高温多湿に弱い

http://www.sc-engei.co.jp/cultivation/details/379.html?showtab=3
http://www.sodatekata-box.jp/content/759
http://garden-vision.net/flower/sagyo/centaurea.html
http://saibai-qa.com/article/101700125.html
http://item.rakuten.co.jp/ogis/79/

ユーフォルビア,‘シルバースワン’ 育て方(覚書)

http://item.rakuten.co.jp/ogis/276s/
耐寒性 : 約-10℃ 
耐暑性 : 強
日向
乾燥に強い
肥  料 剪定後と春か秋
剪定時のご注意
花後に花茎の根元から芽が数本まとまって出ます
この芽を残して太い枝を切り戻しておくと枝が
たくさん出て姿が整います
剪定の際、ポインセチアなどと同様に白い樹液が
出ます かぶれる場合もありますので手などを
よく洗い流してください

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-1021/target_tab-2
春の伸長期には多めに与えてもよいのですが、夏は乾かし気味にします。
10月ごろと3月から5月に化成肥料を少量施します。高温期には肥料分が残らないようにします。
山野草向けの用土が安全で、サボテン向けの用土も利用できます。用土の一例として、赤玉土3、鹿沼土3、軽石3、腐葉土1の配合土など、水はけのよいものを使います。
植えつける際、苦土石灰など石灰分を用土に混ぜます。
根詰まりや用土の目詰まりで生育が悪くなるので、2~3年ごとに古い用土を落として植え替えをします。
株分け、さし芽、タネまきでふやします。
花がら切り:花がらを切り取ります。
切り戻し:木立ち性のもの、常緑性のもの、花の咲き終わった茎は、根元から切り取り、地際から伸びる勢いのよい若い芽を育てるようにします。
株の更新:古株になると生育が衰え、枯れやすくなるので、さし芽やタネまきで株を更新します。

ラベルから
寒さに強い
夏 直射日光×
剪定 花後に半分程度切り戻し

ワイルドアイビー(コリセウムアイビー) 育て方(覚書)

http://sodatekata.net/flowers/page/1046.html
半日蔭
肥料は不要

https://plaza.rakuten.co.jp/slotstik/2013/
霜よけさえすれば戸外で十分育つ
日当たりが良い場所の方が のびすぎることなく姿よく育つ
あまりにのびすぎた場合、6月頃切り戻すとまた晩秋まで楽しめる。

http://ameblo.jp/komamok/entry-11158746118.html
強健で栽培容易。明るい日陰を好む。
真夏の日差しでは、葉がやや焼ける。こぼれ種でどんどん増える。

ミョウガ

http://sodatekata.net/flowers/page/537.html
6月~10月には化成肥料を一ヶ月に一回、もしくは液肥を一週間に一回程度やります。
ミョウガを一箇所に植えて続けていると数年で株が生育しなくなります。そこで3年か4年に一回は、掘り起こして株を分けて、別の場所、もしくは別の土で植え替えをします。これでまたミョウガの収穫に勢いが出ます。植え替えのときは肥料と堆肥をしっかりとやります。

https://horti.jp/11248
苗は4~5月が植え付けの適期です。根株を地中5~8cmの深さに埋めるのがポイントです。
鉢・プランター植え
何年も繰り返し収穫を楽しむために、深さが30cm以上ある鉢やプランターを準備します。株同士の間隔は、10~15cm空けて植え付けましょう。
6~10月の間、月に1回ゆっくりと効く緩効性化成肥料を与えるか、1~2週間に1回液肥を与えると生育がよくなります。また、3月にも同じ肥料を与えます。
3~5年たつと、根が混み合って生育が衰えてきます。鉢植え、地植えともに3~5年に1度、株分けを兼ねた植え替えをしましょう。地上部はナイフやハサミで切り落とし、根を傷つけないよう土から掘り上げ、株分けしたものをそれぞれ植え付けていきます。手順や時期は、植え付け時と同じです。
みょうがは、株分けで数を増やすことができます。2~4月に株を掘り起こし、根を10~15cmほどに切り分け、それぞれ植え付けていきます。手順は、植え付け時と同じです。いくつかの根株を、水耕栽培してみるのも楽しいですよ。

http://anniversary-event.com/archives/7919.html
1年中植え替えができますが、10月中旬~11月下旬と、1月~3月が一般的な植え替えの適期です。
植え替え方法は、まず前年に葉が茂っていた範囲をスコップで掘り上げます。
根の周りの土を丁寧に落とし3~4つぐらい芽がつくようにして根を切り分けます。
切り分けた根を10cmほどの深さ、株間10~20cmに植え付けて、またたっぷりと水を与えて植え替えは完了です。

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-1135/target_tab-2
Q.植えつけてから4年ほどたち、株が込み合ってきた
ミョウガは、数年たつと地下茎が込み合ってくるので、4~5年ごとに植え替えて株を更新するとよいでしょう。方法は、2月から3月ぐらいに地下茎をていねいに掘り上げ、15cmぐらいに切ります。植え替えの際は、連作障害を避けるため、場所を変えて植えつけましょう。





https://allabout.co.jp/gm/gc/441149/
https://lovegreen.net/growing/p41163/
http://kateisaien01.com/myoga-3836