ガガブタ

http://www.ishidaseikaen.com/webshop/user_data/gagabuta.php
肥料は毎月IB化成1粒が適当かと思われます。
秋には親株も根が詰まった状態になっていますので、掘り上げ、根洗いした後に、より大きいポットに植え替えて下さい。
浮いた子株も水中でそのまま越冬させることが出来ます。
春、気温の上昇とともに萌芽を始めますと肥料を施します。
8月頃より花の終わった葉の付け根より子株が育ってきます。その育った子株を切り取り、新しいポットに植えます。
肥料は4号ポットですとIB化成1粒が適当です。
次々と水面上に子株ができますので、肥料切れには注意して下さい。肥料はIB化成1粒を施肥して下さい。
その浮いた子株を順次4号穴なしのポットに移植して下さい。夏の間に相当なポット数になります。
移植したポットは株も小さいので水に浸けず、ポットの水だけで育成しますとしまった株になります。
 IB化成1粒お忘れなく。
秋から冬になりますと休眠してきます。その頃になりますと、睡蓮鉢もしくは発泡スチロールに入れ、水を張ります。
 これをすることにより、冬の間管理も楽で簡単に越冬します。
もし通常の底穴ありのポットを使用された場合は、移植後に睡蓮鉢或は発泡スチロールに水を張り沈めてください。
 水位は低いのが望ましいかと思います。
翌春、水温の上昇と共に新芽が動き出します。その頃IB化成を1粒お願いします。

http://eightmillion.net/2008/12/post-25.html
鉢植えでのガガブタの育て方は、鉢ごと水につけ、 葉が水面に浮くように水位を調節します。
戸外でのガガブタの育て方は、日当たりの良い場所で育て、元肥を施します。
浅めに植え込むか水位を調節し 葉が深く沈み過ぎないようにします。

http://kero1113.seesaa.net/article/120739211.html
水深よりも水面が広い容器がガガブタの栽培に適しています。
株分けの適期は春(4~5月)です。

http://www.uchidawakanyaku.co.jp/saibai/saibai-069.html
水深が5~10センチ程度になるように鉢の高さや水の量を調節する。
肥料は新芽が出る春頃に油粕と骨粉の団子か、大粒の緩効性化成肥料を少量与える。

http://www.akb.jp/fs/tojaku/1489
鉢植えで育てる場合は鉢ごと水につけ、葉が水面に浮くように水位を調節する。
その時に、少々葉が沈んでも問題ない。


http://www.rakuten.ne.jp/gold/ishidaseikaen/sodatekata/sodatekata/gagabuta.htm

http://tinyaqua.exblog.jp/12568476
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する