アルブカ

http://nao-k.jp/engei/kobetu/arubuka/arubuka.html
オーニソガラムの近縁種
球根に水分を蓄えているので、多肉植物として扱われることもあります。
日当たりと風通しの良い場所に置きます。寒さには弱いので軒下など直接霜や雨 が当たらない場所が良いでしょう。
直射日光と風が当たらないと葉がクルクル捲かないと言われます。
湿った状態が続くと球根が腐りやすいので、雨にはあてません
冬場の潅水の目安は、1週間に1回です。あたたくなって蕾が伸び始めれば、3日 に1回くらいに増やします。梅雨時から9月までは、水をやる必要はありませが、 夏場でも2週間に1回くらい水を与えた方が、秋の生育が良くなります。
ナマクエンシスやコントラタは、6月になると葉が完全に枯れますが、スピラリ スは、夏でも葉が枯れません。水を切って夏越しする方が安全ですが、夏場でも 水をやることによって、葉が維持され秋からの生育が良くなります。
芽が出る直前の8月下旬~9月中旬に植えつけます。真夏に植え替えるときは、8 月下旬まで水をやりません。水仙などの球根と違って掘り上げて保管するのでは なく、鉢に植えたままで夏を越させます。鉢植の場合は、3.5号か4号鉢に1球植 を基準とします。フリズルシズルは、球根が10cmくらいとかなり大きくなるの で、球根が大きな場合には、5号鉢に植えます。過湿に弱いので、大きな鉢に植 えると球根が腐りやすくなります。用土は、鹿沼土やボラ土など粒が大きく排水 の良い用土を使います。私は、ぼら土1:鹿沼土1に草木灰を少量混ぜた用土をを 使っています。草木灰がない場合には、苦土石灰や有機石灰を入れます。腐葉土 や堆肥などの有機質は使わない方が無難です。球根の頭が見えるか見えないくら い土に埋まるくらいの浅植とします。
乾燥には強いので、水は、普通の植物の半分くらいにします。6月になると葉が 枯れ始めるので、水を2~3週間に1回くらいに減らします。葉が枯れても根は生 きているので、夏場でも少し水をやった方が芽の出が良くなりますが、夏場の水 遣りは、根腐れの原因にもなります。初心者は夏場には水をやらない方が無難で す。。9月になって芽が伸びだしたら1週間に2回ほど潅水します冬場は乾燥しに くいので、1週間に1回に減らし、3月になり気温の1週間に2回に増やします。4月 の開花時期は、水を必要とするので2日に1回潅水します。。
夏場に植え替えるときに分球して増やします。
肥料は、あまり与える必要がありません緩効性の化成肥料を元肥料として与えれ ば、後は与えなくても構いません。肥料の与えすぎは、根腐されの元です。

http://flower365.sakura.ne.jp/01/985.html
4~5号鉢の小さめの鉢
乾燥気味に育てることが重要で、水の与えすぎには注意します。
梅雨時から夏の間は休眠期になりますが、掘り上げずに鉢に植えたままで、水は 与えなくて大丈夫です。ただし、葉を付けているようでしたら、2~3週間に一 回は軽く水を与えても大丈夫なようです。
ときどき少し薄めの液肥を与える程度にしています。

http://taniku-kanyousyokubutu.blogspot.jp/2015/02/blog-post_19.html
http://isladelpescado.com/item/succulents/bulb/albuca_spiralis_cv_frizzle_sizzle.html
http://item.rakuten.co.jp/gekihana/ha_asf/
http://www.mirai.ne.jp/~panther/cactus/albuca.html
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する