ツルニチニチソウ

http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-713/target_tab-2
ツルニチニチソウは日当たりから半日陰、ヒメツルニチニチソウは日当たりから 日陰でよく育ちます。花つきをよくするには日当たりが望ましいですが、斑入り 品種は半日陰のほうが美しく見えます。乾燥に強い反面、土壌の過湿を嫌うの で、水はけのよい土壌で育てます。ツルニチニチソウはヒメツルニチニチソウに 比べると、やや寒さで葉が傷みやすいので、葉を長く観賞したいときは冬に簡単 な防寒をするとよいでしょう。
用土が乾いたら、たっぷりと水やりします。
花後に緩効性化成肥料や有機質肥料を施します。
3月下旬から5月上旬、および9月下旬から10月下旬に、30cmほどの間隔で植えつ けます。株元の節を埋めるように深植えにします。
つるの伸びが速く、広がりすぎるときは、不要な部分の切り戻しや間引きを行い ます。また、斑入り品種から緑葉の枝が出た場合は、早めに切り取ります。
耐寒性、耐陰性、耐乾性に優れ、周年観賞できます。

http://www.yasashi.info/tu_00002g.htm
過湿は避けましょう

http://sodatekata.net/flowers/page/417.html
乾燥気味の管理が向いていますので、水をやりすぎないでください。


http://www.takamiya.com/garden/plant/turu_nichinichisou.html
http://garden-vision.net/flower/tagyo/vincamajor.html
http://www.flowers-beauty.com/007_flowers/largeperiwinkle/largeperiwinkle_1.htm
http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-vinca-major_large.html
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する