スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿根ロベリア(ロベリア,クイーンビクトリア) 育て方(覚書)

http://www.yasashi.info/sa_00004g.htm
日当たり 地上部は冬には自然と枯れて、地下に太い根茎が残ります。この根茎が凍らなければ簡単に越冬できます。湿り気のあるほうが好みます。最初に肥料を土に混ぜておけば、追肥の必要がありません。赤玉土か鹿沼土(中粒)5:ピートモス3:川砂1:堆肥1。植え替え 休眠直後の11月か、新芽がふく直前の3月がよい 目安としては1~2年に1回は植え替えた方がよいでしょう。地上部が枯れてしまったあと、地下茎についている芽をはずして(手で取れます)分ければ、その芽がまた一つの株になります。

http://item.rakuten.co.jp/hanaipn/10004915/
耐寒性宿根草。極寒地以外では戸外で越冬します。

http://garden0220.ocnk.net/product/2740
性質も丈夫で、日本の暑い夏の環境にもよく耐え、
他の植物が疲れがちになる真夏の時期から
元気に、よく目立つ花を咲かせてくれます。

http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-374/target_tab-2
日当たりを好みますが、真夏の強い西日は苦手です。新芽が出始める3月上旬と地上部が枯れる11月上旬に固形肥料を施します。赤玉土小粒5、腐葉土4、川砂1の割合で配合した用土 3月または10月下旬から11月に、植えつけや植え替えを行います。春または秋に株分けやさし芽でふやします。植え替えの際に、地下の株を手で割れる程度の大きさに分割します。

http://flower365.sakura.ne.jp/10/489.html
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。