踊り葉牡丹の作り方(メモ)

http://育て方.jp/cat15/post_17.html

移植を嫌う

根鉢を崩さないように

葉牡丹の花が咲いて後、種が大きくならないうちに種の下で切ります。

4/3に葉牡丹の花が咲いてサヤができたので、ばっさり切る。

そうすると横から芽が出て又花が咲きます。

 (5月下旬から入梅までに済ませるみたいです)

何回か繰り返すと、1本の木にたくさんの葉牡丹がくっついている状態になります。

肥料は全然しませんでした。

葉牡丹は茎が柔らかく折れやすいですので支柱を立てて固定します。

秋になると自然と色が付いてきて踊り葉ボタンのできあがりです。

最後に形がよくなるように余分の葉をかきとります。

途中の早い段階(梅雨の頃)で折れた枝を挿しておいたら根が出た

夏は涼しいところで育てる。葉牡丹は「キャベツ」の仲間なので暑いのが苦手です。

http://www11.ocn.ne.jp/~hanahaha/habotan.htm

水差しにしていた状態で根が出てきました。

これから植えつけても良し、折れた時点で挿しても良し。

冬はヒヨドリに葉を食べられます。茎を折られない様に支柱を強化。

http://saibai-qa.com/article/82893597.html

一回り大きな鉢への植え替え作業を行います。

この時の肥料は、3月~6月に1回、9月に1回緩効性肥料を、

ごく控えめに与えてください。

多すぎると色がきれいに出にくくなります。

http://allabout.co.jp/gm/gc/72786/

5月中旬頃に、※1根を切らないように注意しながら、※2大き目の鉢に植え替えます。

http://blog.livedoor.jp/mii_mah-mii/archives/51950498.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~f-story/habotan.html
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する