スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モウセンゴケ 育て方(覚書)

http://www.yasashi.info/mo_00001g.htm
明るい日陰
特に真夏は直射日光を避けられる場所に置きましょう。
冬は寒風や凍結、霜を避けたベランダなどに置きます。
特に葉っぱが枯れて、冬芽の状態になるものは耐寒性が強めです。
湿地に自生する植物で、「水が好き」というより「水のある環境が必要」です。 鉢の下に受け皿を置いて、水をため、底から水を吸わせるようにします(腰水と いいます)。水はときどき取り替えましょう。 また、冬は葉っぱが枯れて休眠 しますが(しない種もある)、根はしっかりと生きているので乾かさないように ちゃんと水を与えます。
もともとやせ地に育つ植物で、肥料はいりません。
水ゴケが手軽で扱いやすいです。
水ゴケが腐りやすいため、1~2年に1回新しい水ゴケで植え替えます。植え替 えは休眠している冬の間が適しています。

http://a-t-g.jp/carnivorous-plant-cultivate-4450#page1-4
日当たりの良い場所で育てる。
春から秋までは屋外の日当たりの良い場所の方が良いでしょう。
ただし、夏はレースのカーテン越しぐらいの直射日光を和らげた場所に置いてく ださい。
夏の直射日光は、蒸れや鉢内の温度が急激に上がって根が傷むなどの症状が出る ことがあるためです。
冬になれば室内の窓際で日当たりの良いところに置いてください。

http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-1029/target_tab-2
1年を通して日当たり、風通しともによい場所に置きます。
群生している株は、このときに株分けをしてもよいでしょう。
株分け:3月から5月に行えます。
花茎切り:花は花穂の下から上へ咲いていきますが、種類によってはすべてを咲 かせると株が弱ってしまいます。全体の2/3ほど咲いた時点で花茎を切ると、株 の消耗も少なくてすみます。
ミズゴケを使う場合は、鉢自体に通気性がある素焼鉢、砂系用土は駄温鉢やプラ スチック鉢でいいでしょう。

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n305810
http://www.ad.cyberhome.ne.jp/~t-konta/bringupshokuchu.htm
http://www.geocities.jp/yrp24/CarnivorousPlants/Capensis.html
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/jips/CpFaq/faq3090.html
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。