スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラキカム

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-352/target_tab-2
秋から春の間は日なたに、夏は半日陰に置きましょう。冬は、軽い霜が当たる程度なら戸外で冬越しできますが、凍るようなら室内に取り込みましょう。
月から11月に、薄めの液体肥料(チッ素N-リン酸P-カリK=6-6-6)を施します。ただし、1度にたくさん肥料を施しすぎると根が傷んでしまうので、液体肥料は必ず規定倍率の2倍ほどに薄めましょう。置き肥は不要です。
1年に1回、3月に、軽く根鉢をくずして植え替えましょう。地下茎が鉢の中を伸びている株は、同時に株分けしてふやすことができます。
6月から7月の梅雨ごろ、切り戻して風通しよくし、高温多湿の夏に蒸れて枯れるのを防ぎましょう。

http://hanamd-love.com/brachycome01-56.html
多湿を嫌うので鉢植えでは土の表面が乾いていたら水をやってください。
真夏は暑さで弱ることがあるので、肥料はあげません。
多肥を嫌うので、置肥か薄め(規定の2倍)の液体肥料をあげてください。

http://shokubutsu.xyz/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%AD%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%81%AE%E8%82%B2%E3%81%A6%E6%96%B9%E3%83%BB%E5%88%87%E3%82%8A%E6%88%BB%E3%81%97%E3%81%A8%E5%A2%97%E3%82%84%E3%81%97%E6%96%B9%E3%81%AE%E6%96%B9%E6%B3%95/
梅雨時期頃に株元から2分の1から3分の1くらいで刈り込み風通しを良くしてあげます。

https://sodatekata.net/flowers/page/136.html
https://horti.jp/19272
http://garden-vision.net/flower/hagyo/brachycome.html
http://koyo.hibiyakadan.com/page.jsp?id=2917277&f_name_kana=%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%AD%E3%82%AB%E3%83%A0
http://eco-le.jp/articles/2259
https://greensnap.jp/category1/flower/botany/172/growth
http://flower365.jp/19/265.html
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。