FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オキザリス・レグネリー

http://garden-vision.net/flower/agyo/o_regnellii.html
球根は真冬と夏以外だったらいつでも植えられます。水はけと水もちのよい土に浅植えします。夏以外は日当たりで育て、夏は遮光して育てると花つきと葉の美しさを維持できます。葉のみを楽しみたいときは半日陰でも十分で、花もそれなりに咲いてくれます。半日陰だとやや花茎が徒長し葉も大きくなります。水はけのよい土を好みますが、根が浅いせいかやや乾燥に弱く、すぐしおれてしまいます。ただし、カラカラにしても球根が無事ならそのうち復活します。長雨に当たると葉が溶けるように枯れることがあるので、夏の間は雨を避けてやると美しく育ちます
枯れた葉や終わった花はねじるようにして元から抜きます。引っ張るようにすると球根ごと抜けてしまうので注意します。ねじるのが難しいなら球根近くでハサミで切り取りましょう。夏は北側の軒下などに置くと美しい葉のまま長持ちしますが、葉を抜き取って休眠期間にしてしまうのもOKです。冬も葉を取ってしまったほうが良いと思います
肥料:リン酸とカリ分が多めに入った緩効性肥料を与えます

http://www.zoezoe.biz/2010_syokubutu/ka_1_ka/131_katabami/oxalis/regnellii.html
真冬に地上部が枯れるが、春にはまた新芽が出る。

https://horti.jp/4506
品種によっては耐寒性もありますが、基本的に寒さには弱い植物です。冬の気温が5度以下になる地域では、庭植えはしないほうがいいですよ。
オキザリスは繁殖力が高いので、放っておくと1年で球根が倍以上に増えます。鉢植えはスペースが限れており、根詰まりを起こしてしまうので、2~3年に一度、一回り大きな鉢に植え替えます。植え付けるのと同じ時期が、植え替えに適しています。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。