スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーターマッシュルーム

http://sodatekata.net/flowers/page/900.html
水生植物。睡蓮鉢などに沈めて、葉っぱを水上に出す。
●店頭に並んでいるのは普通の土に植わっているが、これを睡蓮鉢に沈める。でないとすぐに水切れを起こす。
●春から秋は戸外の日当たり。冬は室内の日当たりで管理。
冬でも水につける。でないと水切れを起こす。
●冬に地上部がなくなっても水につける。でないと春に復活する可能性はゼロに。
生育期間に薄い液肥を水にやります。やらなくても枯れるわけではありませんが、やると葉っぱがよく増え、花も咲きやすくなります。
植え替えは2年に一回、4月から10月に。植え替え
日当たりで管理しますが、夏にちょっと注意
春から秋は戸外か室内の日当たりで管理します。ウォータマッシュルームは若干暑さに弱く、日当たりで管理していて水温があまりに上がると枯れてしまいます。ハイドロカルチャーなど水の少ないものや、小さな睡蓮鉢で育てていると鉢内の温度があがって根をいためます(水の温度が上がって痛める)ので、そういった状態で育てている場合は半日陰の涼しい場所に移動させてください。
冬は室内が無難
冬は暖地で軒下であれば、完全に枯れずに春になると芽が出てきますが、霜が降りる地域は室内に取り込むのが無難です。耐寒温度は3度と比較的強いです。室内の日当たりで管理します。
霜に当たれば枯れる。
●暖地でも戸外に出しておけば、地上部が枯れる。
●暖地以外(中間地・寒冷地)では室内へ。

https://shiny-garden.com/post-620/
肥料は生育期の4月~9月
植え替え 適期は4月~9月の生育期
株分け 適期は4月~9月の生育期です。
掘り上げた株の地下茎を切り分けて植え付けて下さい。

http://happamisaki.jp-o.net/green/others/water_m.htm
肥料
生育期の4月中旬から10月中頃まで

https://oitamedakabiyori.com/contents/post-195.html
もしも、ウォーターマッシュルームを枯らしてしまって増やしたいという場合は ランナーが伸びているので、ランナーを切り分ければ簡単に株分けすることができ
枯れるとすれば屋内の栄養不足か日光不足なので陽当たりの良いところ移動

http://www.sodatekatalab.jp/contents/detail/60/
http://eco-le.jp/articles/1383


スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。