ドドナエア

http://sodatekata.net/flowers/page/796.html
細長い葉っぱ。それが年間を通して落葉することないです。冬には花が咲き、夏にはそれが実になります。実……正確には種子を被う「サヤ」が花のように赤く、全体にふんわりと付くのもドドナエア(ポップブッシュ)の魅力です。
サヤがすごい!
夏につくサヤが独特の雰囲気で非常によいです。これを見て「ドドナエアを育てたい!」と手を伸ばすのですが、ドドナエアのサヤが必ずしも多く付かない、もしくは全く付かない、ということがあります。
雌雄異株です
海外サイトにドドナエアは雌雄異株という記述があります。つまりオスの木だとサヤがつかないのです。ではメスの木だけで種子――サヤがなるのか?という疑問も。ブログを見る限り一本でもサヤはなるらしいです。
少ししか付かない場合はまだ株が未熟だから。成長すればサヤがたくさん付くように成ります。
日当たりでも半日陰でも
日当たりのよい場所を好みますが、少々半日陰でも問題なく育ちます。日当たりがあまりに悪いと花つきが悪くなります。花が目的でないのであまり気にしません。病害虫にもほとんど掛からず初心者向きの植物です。
真夏の暑さに強い
日当たりのいい場所で管理してください。真夏の高温でも耐えられます。
マイナス5度まで耐える
寒さには耐性がありますが、それでもマイナス5度以下になると枯れるので、寒冷地では鉢植えにして室内に取り込んでください。
剪定は基本的には冬に行います。花が終わった頃に適当に切り詰めます。ドドナエア(ポップブッシュ)は剪定に強く少々刈り込んだくらいでは枯れませんし、自然な樹形がキレイなので、邪魔なくらいにならないなら剪定も控えます。

http://garden-vision.net/tree/t_line/dodonaea.html
寒風にさらされたり冷え込みが厳しいと葉を落とします。
やや乾燥した場所を好みます
移植:春・秋 
肥料は、肥沃な土なら無理に与える必要はありません。やせ地でも育ちます

http://www.sodatekatalab.jp/matome/detail/37/
種をとって発芽することもあるのですが、その確率も低いと言われています。

http://育て方.jp/cat10/post_110.html
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する