ユーカリ

http://sodatekata.net/flowers/page/257.html
水やりは乾燥気味に。水のやりすぎ注意。
乾燥に強い
非常に頑健で、少々水を忘れたくらいでは枯れません。
乾燥地域の植物ですし、非常に頑健なので、庭に植えても鉢に植えても、乾燥気味に管理します。
植え付けはハーブ用の土
鉢植えにする場合はハーブ用の土を利用します。庭植えする場合は出来るだけ水はけのよい土にしてから植え付けをしてください。
ユーカリは肥料を大量には必要としません。鉢植えの場合は、植え付け時に土に緩効性肥料をやっておけば、それだけで十分です。
移植は不可
ユーカリは移植は出来ません。
鉢植えの場合2年か3年に1回、植え替えてください。絡んだ根をほどいて、余計な根を切り、一回り大きな鉢に植えます。
酸性の土を嫌いますので、庭に植える場合は植え付け二週間前に石灰を撒いて混ぜておいてください。
日の当たる場所が好ましいですが、半日陰の場所でも問題はありません。しっかりと育ちます。
見た目より根が浅い
ユーカリは巨木になりますが、幼い時は根が浅く突風で意外と簡単に倒壊します。大きくなってからも、台風の時に倒れることがあります。出来れば建物の横など風を避けられる場所が適しています。
生育が早く、あっという間に数メートルになります。そうなると余計に強風に弱くなります。早めに芯を切って、小さくまとめるようにしましょう。
●根をコガネムシの幼虫が食べに来ます。すると余計に倒れやすくなります。
●早めに芯を切って、小さくまとめるか、管理する自信がない場合は早めに切り倒すことも検討しましょう。
ユーカリは鉄分が不足するとクロロシスを起こします。クロロシスは葉緑素が抜けて白くなったり、黒いブチが見られる症状です。病気ではないのですが、クロロシスを起こすことで病害虫への耐性が低下して、他の病気にかかりやすくなります(ウドンコ病など)。これは鉄分補給をする栄養剤を与えることで改善されます。
ユーカリは非常に強い植物で、土壌を選ばず生育することから、砂漠の緑地化や、旱魃(カンバツ)地域の緑化に使われることが多く、いくつかの成功事例があります。

https://lovegreen.net/growing/p33324/
植えつけは4月~8月が良い時期成長が旺盛なので、成長に合わせて2、3年に1回は植え替えをしたほうがよいでしょう。根が回っている場合は軽く崩たほうがよいです。また、根詰まりしないようにやや大きめの鉢を選ぶとよいでしょう。
冬は室内へ
成長が早いのでコンパクトにしたい場合はこまめに切り戻しをしてもよいでしょう。

https://matome.naver.jp/odai/2145793132763217701

https://matome.naver.jp/odai/2145793132763217701?page=2
http://yasashi.info/yu_00008g.htm
http://www.eucalyptus.jp/?c=1
http://www.eucalyptus.jp/?a=140
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する