ミョウガ

http://sodatekata.net/flowers/page/537.html
6月~10月には化成肥料を一ヶ月に一回、もしくは液肥を一週間に一回程度やります。
ミョウガを一箇所に植えて続けていると数年で株が生育しなくなります。そこで3年か4年に一回は、掘り起こして株を分けて、別の場所、もしくは別の土で植え替えをします。これでまたミョウガの収穫に勢いが出ます。植え替えのときは肥料と堆肥をしっかりとやります。

https://horti.jp/11248
苗は4~5月が植え付けの適期です。根株を地中5~8cmの深さに埋めるのがポイントです。
鉢・プランター植え
何年も繰り返し収穫を楽しむために、深さが30cm以上ある鉢やプランターを準備します。株同士の間隔は、10~15cm空けて植え付けましょう。
6~10月の間、月に1回ゆっくりと効く緩効性化成肥料を与えるか、1~2週間に1回液肥を与えると生育がよくなります。また、3月にも同じ肥料を与えます。
3~5年たつと、根が混み合って生育が衰えてきます。鉢植え、地植えともに3~5年に1度、株分けを兼ねた植え替えをしましょう。地上部はナイフやハサミで切り落とし、根を傷つけないよう土から掘り上げ、株分けしたものをそれぞれ植え付けていきます。手順や時期は、植え付け時と同じです。
みょうがは、株分けで数を増やすことができます。2~4月に株を掘り起こし、根を10~15cmほどに切り分け、それぞれ植え付けていきます。手順は、植え付け時と同じです。いくつかの根株を、水耕栽培してみるのも楽しいですよ。

http://anniversary-event.com/archives/7919.html
1年中植え替えができますが、10月中旬~11月下旬と、1月~3月が一般的な植え替えの適期です。
植え替え方法は、まず前年に葉が茂っていた範囲をスコップで掘り上げます。
根の周りの土を丁寧に落とし3~4つぐらい芽がつくようにして根を切り分けます。
切り分けた根を10cmほどの深さ、株間10~20cmに植え付けて、またたっぷりと水を与えて植え替えは完了です。

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-1135/target_tab-2
Q.植えつけてから4年ほどたち、株が込み合ってきた
ミョウガは、数年たつと地下茎が込み合ってくるので、4~5年ごとに植え替えて株を更新するとよいでしょう。方法は、2月から3月ぐらいに地下茎をていねいに掘り上げ、15cmぐらいに切ります。植え替えの際は、連作障害を避けるため、場所を変えて植えつけましょう。





https://allabout.co.jp/gm/gc/441149/
https://lovegreen.net/growing/p41163/
http://kateisaien01.com/myoga-3836
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する