ヒューケラ(覚書)

http://www.yasashi.info/hi_00022g.html
花がひととおり咲き終わったら、花茎を付け根から切り落とします。
株が古くなると茎の部分が立ち上がって草姿が乱れます(そのような状態を俗に 「ワサビ茎」と言います)。そのような場合は露出した茎の部分を隠すような感 じで土を寄せて盛ります。
日当たりは好きだが暑さと乾燥が苦手
耐寒性は強く、冬に防寒する必要はありません。また、寒さで葉が枯れることが ありますが春になると芽を出して前年同様に生長します。

http://sodatekata.net/flowers/page/65.html
外の半日蔭
寒さに強いので、雪の下でも枯れることがありません。
春に固形緩効性肥料を根本に置くか、液肥を春から秋の生育期間の間に月に一回 やる程度です。
日当たりを好みますので、冬春秋は日当たりで管理しましょう。鉢植えの場合 は、夏の暑さに弱いので、真夏は半日陰に移動させてください。日陰でも生育し ますが、日光が少なくなると葉っぱの色が薄くなってきます。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する