スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーターマッシュルーム

http://happamisaki.jp-o.net/green/others/water_m.htm
鉢植え、ビオトープ、睡蓮鉢、アクアリウムなど
ミズゴケに植えて水の入った容器に入れたり、ハイドロカルチャーにしたり、睡 蓮鉢に入れたり、水槽の中に丸ごと沈めて楽しむ事もできます。
耐寒性は3度ぐらいと比較的強く
戸外のビオトープなどの場合は、鉢ごと水の中に沈めてもよいですし、葉のつい た茎を水の中に入れておくだけでもかまいません。冬の暖地は寒さで大部分が枯 れてしまいますが、春になって暖かくなると一部残ったものが葉を伸ばす事があ ります。念のため、秋に鉢ごと又は葉と根の付いた茎を取り、室内で越冬させて 春にまたビオトープに戻せばよいと思います。
ハイドロカルチャーやミズゴケで植えている場合、水を貯めている容器の水をつ ねに貯めて育てるようにします。
水を切らすと簡単に枯れてしまうので、用土は保水性のよい水蘚に植えて受け皿 に水を貯めて育てたり、腐葉土とピートモスを混ぜて保水力をよくして植え替え るとよいと思います。
生育期の4月中旬から9月下旬まで、液体肥料を通常の倍ぐらいに薄めて与えます。

http://sodatekata.net/flowers/page/900.html
葉っぱが水中から出る状態でも完全に水中でも育ちます。

http://www.exstage.co.jp/faq/f_shokusai/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AE%E8%82%B2%E3%81%A6%E6%96%B9.html
土植えはもちろん、ミズゴケに植えて水の入った容器に入れたり、ハイドロカル チャーに植えたり、睡蓮鉢に入れたり、水槽の中に丸ごと沈めて楽しむ事もでき ます。

http://tree.shiny-garden.com/post-620
http://matome.naver.jp/odai/2134811354870578801
http://eightmillion.net/2009/03/post-87.html
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。