スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サジタリア(ホームセンターではめだかのよろこぶ水草)

http://eightmillion.net/2009/02/post-70.html
ピグミーチェーン・サジタリアの水上葉を水中葉にするためには、光量が弱いと 枯れてしまうので1本ずつ間隔を開けて植えるとよいでしょう。
植え込み時には、葉の付け根に砂利が入らないように注意するのがコツです。
5~6本をまとめて植えると、光量不足から中心部の株が枯死しやすいです。
水中に根が出ることを嫌うため、植え込む時には、注意深く根が砂上に出ないよ うにしましょう。
また、いったん植え込んだ株の植え替えは、避けるべきです。
根からの養分吸収が強く、砂中への肥料添加は有効です。
二酸化炭素(Co2)の添加は、生長および繁殖力を強め、短期間でランナーを伸ば して密生し、ライトグリーンの美しい群落を形成します。
あまり密生し過ぎると部分的に枯死し始め、しだいに広がって全滅することがあ ります。
あまり密にならないよう、時々間引きしましょう。
間引きは、ランナーを切断してから行なうとランナーで付近の株も一斉に抜けて しまうのを防ぐことができます。
二酸化炭素(Co2)を添加しない場合でも、水深を浅くすると水中葉の生長が早ま り、ランナーで殖えるようになります。
条件が揃うと、過密に繁殖するので間引きが必要になるほどになり茂みを楽しめ ます。
放っておくと過密になって、底砂の汚れが原因で古い葉に藻類が付着し、光量不 足になった葉が枯れ始めるので注意しましょう。
古い葉が枯れ始めるころには、新葉を出して生長を始め、やがてランナーを出し て小株を形成しますので、新しい株を育てましょう。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1230848482
この水草の注意点は植え込むときに深く植え込まないことです。
葉と根の境目が完全に埋まってしまうと、溶けてしまうことがあります。
この溶けはピグミーチェーンサジタリア同士で広がっていきますので
溶けてしまった株を見つけたらなるべく早く取り除いてください。
植えたばかりは葉数も少なくちょっとさびしい感じですが
植え込んで時間が経つと葉数が増えていきランナー(地下茎)を使って子株を増 やしていきます。

http://i-aquarium.net/post-1328/
ソイルの方が生長自体は良くなりますが、大磯砂でも肥料を埋めておけば生長は 遅くなりますが育成は可能です。
生長していけば、ランナーを出して増殖していきますが、株の近くにランナーを 出して増えていくのでボリュームを出すことが出来ます。
底床に埋めた肥料が切れてくると、葉の色が緑が薄くなってくるのでそのさい は、底床に固形肥料を追肥して下さい。
肥料要求が高い水草なので、固形肥料を追肥したらその効果が実感しやすい種に なります。
大磯砂でも育成は可能ですが、その際はしっかり固形肥料を埋めて下さい。
底床への根張りのいい水草なので、本種の底床から抜くさいはまわりの株を一緒 に抜いてしまわないように注意して抜いて下さい。

http://www.aqua-living.net/plantsdata_f28.html
http://www.nettaigyo-zukan.com/010/160/cat457/post-832.html
http://aquamori.jp/mizukusa/beginner.html
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?itemId=14198
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。