ドドナエア

http://sodatekata.net/flowers/page/796.html
細長い葉っぱ。それが年間を通して落葉することないです。冬には花が咲き、夏にはそれが実になります。実……正確には種子を被う「サヤ」が花のように赤く、全体にふんわりと付くのもドドナエア(ポップブッシュ)の魅力です。
サヤがすごい!
夏につくサヤが独特の雰囲気で非常によいです。これを見て「ドドナエアを育てたい!」と手を伸ばすのですが、ドドナエアのサヤが必ずしも多く付かない、もしくは全く付かない、ということがあります。
雌雄異株です
海外サイトにドドナエアは雌雄異株という記述があります。つまりオスの木だとサヤがつかないのです。ではメスの木だけで種子――サヤがなるのか?という疑問も。ブログを見る限り一本でもサヤはなるらしいです。
少ししか付かない場合はまだ株が未熟だから。成長すればサヤがたくさん付くように成ります。
日当たりでも半日陰でも
日当たりのよい場所を好みますが、少々半日陰でも問題なく育ちます。日当たりがあまりに悪いと花つきが悪くなります。花が目的でないのであまり気にしません。病害虫にもほとんど掛からず初心者向きの植物です。
真夏の暑さに強い
日当たりのいい場所で管理してください。真夏の高温でも耐えられます。
マイナス5度まで耐える
寒さには耐性がありますが、それでもマイナス5度以下になると枯れるので、寒冷地では鉢植えにして室内に取り込んでください。
剪定は基本的には冬に行います。花が終わった頃に適当に切り詰めます。ドドナエア(ポップブッシュ)は剪定に強く少々刈り込んだくらいでは枯れませんし、自然な樹形がキレイなので、邪魔なくらいにならないなら剪定も控えます。

http://garden-vision.net/tree/t_line/dodonaea.html
寒風にさらされたり冷え込みが厳しいと葉を落とします。
やや乾燥した場所を好みます
移植:春・秋 
肥料は、肥沃な土なら無理に与える必要はありません。やせ地でも育ちます

http://www.sodatekatalab.jp/matome/detail/37/
種をとって発芽することもあるのですが、その確率も低いと言われています。

http://育て方.jp/cat10/post_110.html
スポンサーサイト

睡蓮木

http://www.worldflower.net/shop/growth/g0009?site=w1
開花期間:5月~10月
日の良く当たる、風通しの良い戸外で管理します。
寒さに弱いので、冬は室内で管理するか、風・霜が
当たらない陽だまりに置きましょう。
水を好みます。苔の表面が乾いたら、鉢底から水が流れる位たっぷり与えてください。
春・秋は1日1回、夏は1日1~2回、冬は2~3日に1回が目安です。水切れは、花やつぼみが落ちる原因となりますので、十分に注意しましょう。
市販の固形肥料を、9~10月は月1回、6~8月は月2回与えます。
秋に花が咲き終わったら、枝元から1~2節残して切り詰めます。
伸び過ぎて見苦しい枝を切って、全体の形を整えるイメージで剪定をしましょう。
植え替え
2~3年に1回を目安に行いましょう。

http://flower365.sakura.ne.jp/11/366.html
2~3年に1回、春に植え替えをします。古い用土を半分ぐらい落として植え替えます。、根も三分の一ほど切り戻しておきます。
性質は強いですが多湿を嫌いますので、水やりは鉢の表面が乾いてからやるようにします。ただし、夏場は鉢土が乾きやすいので、乾燥させすぎないよう注意します。

http://flower777.mimoza.jp/article/45089557.html
年に3回は咲く
睡蓮木は、新しい枝の先に花をつけるので、
花後は、一回短く剪定します。
こうすると春から秋に3回は、
開花することができます。
新芽が出る3月に、
赤玉土と砂を等分に用いた用土で、
植え替えましょう。
根は3分の1程度切り詰めます。


セアノサス

http://www.sodatekatalab.jp/matome/detail/207/
きちんと日が当たる場所で育てましょう。寒さに関しては比較的弱い植物なので、庭植えが可能な地域は残念ながら限られてしまします。冬季におおよそマイナス五度を下回らない地域では庭植えが可能ですが、北海道などの寒い地方では鉢植えか温室で育ててあげましょう。
開花時期を考慮すると春に植えてあげたほうが良いかもしれません。
乾燥していることが大切
肥料ですが、有機質タイプの固形肥料(油かすなどをかためたもの)が適切です。水やりのたびに少しずつ溶けていく肥料を、開花前の春と落花後の秋にそれぞれ与えましょう。
乾燥を好み、あまり寒さには強くない傾向があります。
どの品種も乾燥を好みますので、育てるときには乾燥を第一に考えてあげるとよいでしょう。また花を咲かせる時期もおおよそ共通しており、日本で育てた場合は春から初夏にかけて、つまり4月から6月の中頃までが花が咲く時期となります。

http://flower777.info/qa/post-464.html

http://sodatekata.net/flowers/page/1541.html
植え替えの11~12月、3月に植え付け

ユーカリ

http://sodatekata.net/flowers/page/257.html
水やりは乾燥気味に。水のやりすぎ注意。
乾燥に強い
非常に頑健で、少々水を忘れたくらいでは枯れません。
乾燥地域の植物ですし、非常に頑健なので、庭に植えても鉢に植えても、乾燥気味に管理します。
植え付けはハーブ用の土
鉢植えにする場合はハーブ用の土を利用します。庭植えする場合は出来るだけ水はけのよい土にしてから植え付けをしてください。
ユーカリは肥料を大量には必要としません。鉢植えの場合は、植え付け時に土に緩効性肥料をやっておけば、それだけで十分です。
移植は不可
ユーカリは移植は出来ません。
鉢植えの場合2年か3年に1回、植え替えてください。絡んだ根をほどいて、余計な根を切り、一回り大きな鉢に植えます。
酸性の土を嫌いますので、庭に植える場合は植え付け二週間前に石灰を撒いて混ぜておいてください。
日の当たる場所が好ましいですが、半日陰の場所でも問題はありません。しっかりと育ちます。
見た目より根が浅い
ユーカリは巨木になりますが、幼い時は根が浅く突風で意外と簡単に倒壊します。大きくなってからも、台風の時に倒れることがあります。出来れば建物の横など風を避けられる場所が適しています。
生育が早く、あっという間に数メートルになります。そうなると余計に強風に弱くなります。早めに芯を切って、小さくまとめるようにしましょう。
●根をコガネムシの幼虫が食べに来ます。すると余計に倒れやすくなります。
●早めに芯を切って、小さくまとめるか、管理する自信がない場合は早めに切り倒すことも検討しましょう。
ユーカリは鉄分が不足するとクロロシスを起こします。クロロシスは葉緑素が抜けて白くなったり、黒いブチが見られる症状です。病気ではないのですが、クロロシスを起こすことで病害虫への耐性が低下して、他の病気にかかりやすくなります(ウドンコ病など)。これは鉄分補給をする栄養剤を与えることで改善されます。
ユーカリは非常に強い植物で、土壌を選ばず生育することから、砂漠の緑地化や、旱魃(カンバツ)地域の緑化に使われることが多く、いくつかの成功事例があります。

https://lovegreen.net/growing/p33324/
植えつけは4月~8月が良い時期成長が旺盛なので、成長に合わせて2、3年に1回は植え替えをしたほうがよいでしょう。根が回っている場合は軽く崩たほうがよいです。また、根詰まりしないようにやや大きめの鉢を選ぶとよいでしょう。
冬は室内へ
成長が早いのでコンパクトにしたい場合はこまめに切り戻しをしてもよいでしょう。

https://matome.naver.jp/odai/2145793132763217701

https://matome.naver.jp/odai/2145793132763217701?page=2
http://yasashi.info/yu_00008g.htm
http://www.eucalyptus.jp/?c=1
http://www.eucalyptus.jp/?a=140

ビバーナムティヌス

http://www.flower-toya.jp/info/201201.html
開花期
3月~4月
置き場所
真夏の日差しで少し葉が焼けることがありますので、理想としては半日陰か、西日が当たらない場所。乾燥しすぎる土地は避けてください。
寒さにも強く、降雪や霜があると葉は傷みますが、関東地方くらいまでなら屋外で育てられそうです。

肥料
鉢物の場合、生育中は定期的に緩効性肥料を与えます。庭植えの場合は特に肥料切れがなければ寒肥えを与える程度で十分です。

水やり
夏場の極端な水切れで枯れることがあります。注意してください。花が咲いている間も、実の付き方に影響が出ますので、過湿・水切れに注意が必要です。

植え替え
真夏、真冬を除き可能ですが、花や実を観賞することを優先すると、春に花の咲き終わった後に行うか、秋早めに行うとよいでしょう。

せん定
樹形はある程度自然にまとまるので、剪定を必要としませんが、春に開花し、その花の咲いていた所から翌年の花芽が付く枝が新しく伸びてきますので、夏の終わりまでには済ませましょう。できれば混み合っている所や不恰好な枝などを間引く程度にした方が良いでしょう。
冬に実がつく
原産地
開花期
性状

Viburnum tinus
トキワガマズミ、ビバーナム
レンプクソウ科(スイカズラ科)
ガマズミ属(ウィブルヌム)属
地中海地方
3月~4月


http://sodatekata.net/flowers/page/442.html
花芽は枝の根本から出る短い枝の先につく
●短い枝を放置しておくと風通しが悪くなる
●邪魔であれば大きな枝も切り落として構いません。
●冬は落葉します。
肥料は特に必要はありません。
ガマズミは根の張りが粗いために、植え付け直後は支柱をしないと苗が簡単に倒れてしまいますので、支柱をしてひもで固定しましょう。

http://garden-vision.net/tree/h_line/Viburnum.html
半日陰でも育ちますが、魅力を十分に引き出したいなら日当たりのよい場所に植えてあげたいです

http://happamisaki.jp-o.net/flower/h/viburnum_t.htm
耐寒温度が-10度ぐらいあるので庭植えにでき、生垣にも利用される事があるそうです。生育がゆっくりなので、鉢植えで育てる事もでき、特に剪定の必要もなく丈夫なな植物のようです。

http://www.ohana-koubou.net/%E3%83%93%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8C%E3%82%B9%E3%81%AE%E8%82%B2%E3%81%A6%E6%96%B9%E3%80%80%E5%89%AA%E5%AE%9A%E6%96%B9%E6%B3%95%E3%81%A8%E6%99%82%E6%9C%9F/

シマトネリコ

https://lovegreen.net/growing/p466/
日向から半日陰
ベランダや庭で管理する場合、春~秋の時期であれば外に出しっぱなしでOKです。
水切れに弱いので、特に夏の乾きやすい時期は土の表面が乾いてきた段階でやるといいでしょう。
-3℃まで耐えられます。夏の暑さにも大変強い植物です。
植え替え
適期は4~6月。
生育の早い植物ですから、根詰まりしないように2年に1度は植え替えをしましょう。もし、鉢底の穴から根が出てきているようなら、毎年でも植え替えることをおすすめします。下の葉っぱが急に変色して来て、鉢底から根が出ている場合、根詰まりしている可能性があります。ひとまわり大きい鉢に植え替えてあげましょう。
市販の観葉植物用の培養土がおすすめ。自分で用土を作る場合は「小粒の赤玉土」と「腐葉土」を、「6:4」もしくは「2:1」の割合に配合します。
肥料
植えつけるときに緩効性化成肥料を元肥として与えます。植え付け後は、3月ごろにやはり化成肥料を毎年与えるようにしましょう。
剪定
生育旺盛で、庭植えにすると6~15mにもなります。
鉢植えで楽しむには、ですから剪定が不可欠。適期は春~秋まで剪定は可能です。あまりにも、葉っぱの量が多いと風通しが悪く、病害虫にもかかりやすいので上に伸びる枝を切って、剪定しコンパクトに整えましょう。
真夏の直射はNGです。
葉やけを起こしてしまい、悪化すると枯れることもあります。夏場の水やりは涼しい朝方の時間帯か、夕方の時間帯にしましょう。室内での管理の場合、水をあげたら蒸れないように風通しよくしましょう。

http://sodatekata.net/flowers/page/273.html
直射日光を避けた、明るい日陰が好ましいです。
観葉植物の土
霜は外気温4度で発生し始めます。霜は植物の細胞を破壊するので対応機能の無い植物は駄目になります。なので戸外で管理する場合でも軒下など霜が当たらないところで。
5月前後に白くて香のある小さな花を咲かせ、その後、実をつけます。

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-904/target_tab-2
https://horti.jp/1948


セントーレア

http://sodatekata.net/flowers/page/1035.html
夏の高温多湿に弱い
風通しが悪い場所だったり、暖地だと枯れて消えてしまうことがよくあります。
冬の寒さには強く関東であれば、地上部は枯れますが戸外で越冬します。
乾燥には強い、水のやりすぎ注意
春から梅雨前に適宜、薄い液肥をやる程度
日当たりで管理、でも高温多湿に弱い

http://www.sc-engei.co.jp/cultivation/details/379.html?showtab=3
http://www.sodatekata-box.jp/content/759
http://garden-vision.net/flower/sagyo/centaurea.html
http://saibai-qa.com/article/101700125.html
http://item.rakuten.co.jp/ogis/79/

ユーフォルビア,‘シルバースワン’ 育て方(覚書)

http://item.rakuten.co.jp/ogis/276s/
耐寒性 : 約-10℃ 
耐暑性 : 強
日向
乾燥に強い
肥  料 剪定後と春か秋
剪定時のご注意
花後に花茎の根元から芽が数本まとまって出ます
この芽を残して太い枝を切り戻しておくと枝が
たくさん出て姿が整います
剪定の際、ポインセチアなどと同様に白い樹液が
出ます かぶれる場合もありますので手などを
よく洗い流してください

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-1021/target_tab-2
春の伸長期には多めに与えてもよいのですが、夏は乾かし気味にします。
10月ごろと3月から5月に化成肥料を少量施します。高温期には肥料分が残らないようにします。
山野草向けの用土が安全で、サボテン向けの用土も利用できます。用土の一例として、赤玉土3、鹿沼土3、軽石3、腐葉土1の配合土など、水はけのよいものを使います。
植えつける際、苦土石灰など石灰分を用土に混ぜます。
根詰まりや用土の目詰まりで生育が悪くなるので、2~3年ごとに古い用土を落として植え替えをします。
株分け、さし芽、タネまきでふやします。
花がら切り:花がらを切り取ります。
切り戻し:木立ち性のもの、常緑性のもの、花の咲き終わった茎は、根元から切り取り、地際から伸びる勢いのよい若い芽を育てるようにします。
株の更新:古株になると生育が衰え、枯れやすくなるので、さし芽やタネまきで株を更新します。

ラベルから
寒さに強い
夏 直射日光×
剪定 花後に半分程度切り戻し

ワイルドアイビー(コリセウムアイビー) 育て方(覚書)

http://sodatekata.net/flowers/page/1046.html
半日蔭
肥料は不要

https://plaza.rakuten.co.jp/slotstik/2013/
霜よけさえすれば戸外で十分育つ
日当たりが良い場所の方が のびすぎることなく姿よく育つ
あまりにのびすぎた場合、6月頃切り戻すとまた晩秋まで楽しめる。

http://ameblo.jp/komamok/entry-11158746118.html
強健で栽培容易。明るい日陰を好む。
真夏の日差しでは、葉がやや焼ける。こぼれ種でどんどん増える。

ミョウガ

http://sodatekata.net/flowers/page/537.html
6月~10月には化成肥料を一ヶ月に一回、もしくは液肥を一週間に一回程度やります。
ミョウガを一箇所に植えて続けていると数年で株が生育しなくなります。そこで3年か4年に一回は、掘り起こして株を分けて、別の場所、もしくは別の土で植え替えをします。これでまたミョウガの収穫に勢いが出ます。植え替えのときは肥料と堆肥をしっかりとやります。

https://horti.jp/11248
苗は4~5月が植え付けの適期です。根株を地中5~8cmの深さに埋めるのがポイントです。
鉢・プランター植え
何年も繰り返し収穫を楽しむために、深さが30cm以上ある鉢やプランターを準備します。株同士の間隔は、10~15cm空けて植え付けましょう。
6~10月の間、月に1回ゆっくりと効く緩効性化成肥料を与えるか、1~2週間に1回液肥を与えると生育がよくなります。また、3月にも同じ肥料を与えます。
3~5年たつと、根が混み合って生育が衰えてきます。鉢植え、地植えともに3~5年に1度、株分けを兼ねた植え替えをしましょう。地上部はナイフやハサミで切り落とし、根を傷つけないよう土から掘り上げ、株分けしたものをそれぞれ植え付けていきます。手順や時期は、植え付け時と同じです。
みょうがは、株分けで数を増やすことができます。2~4月に株を掘り起こし、根を10~15cmほどに切り分け、それぞれ植え付けていきます。手順は、植え付け時と同じです。いくつかの根株を、水耕栽培してみるのも楽しいですよ。

http://anniversary-event.com/archives/7919.html
1年中植え替えができますが、10月中旬~11月下旬と、1月~3月が一般的な植え替えの適期です。
植え替え方法は、まず前年に葉が茂っていた範囲をスコップで掘り上げます。
根の周りの土を丁寧に落とし3~4つぐらい芽がつくようにして根を切り分けます。
切り分けた根を10cmほどの深さ、株間10~20cmに植え付けて、またたっぷりと水を与えて植え替えは完了です。

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-1135/target_tab-2
Q.植えつけてから4年ほどたち、株が込み合ってきた
ミョウガは、数年たつと地下茎が込み合ってくるので、4~5年ごとに植え替えて株を更新するとよいでしょう。方法は、2月から3月ぐらいに地下茎をていねいに掘り上げ、15cmぐらいに切ります。植え替えの際は、連作障害を避けるため、場所を変えて植えつけましょう。





https://allabout.co.jp/gm/gc/441149/
https://lovegreen.net/growing/p41163/
http://kateisaien01.com/myoga-3836

山椒

https://horti.jp/8734
葉っぱが落ちて休眠期に入った12~3月が植え付けの適期です。根が弱いので、一度植え付けたら植え替えはできないので注意してください。
鉢植えは、7号鉢以上で深さのある鉢を準備し、鉢底石を敷いてから苗を植え付けます。根についた土は崩さないようにしてください。地植えは、直射日光の当たらない半日陰を選んで、大きめに植え穴を掘って苗を植えます。
1~2月に油かすを与えます。
鉢植えは、2~3年に1回、根詰まりを防ぐために1~2回り大きな鉢に植え替えをしましょう。手順や時期は、植え付け時と同様で、鉢についた土は崩さないようていねいに扱います。

https://lovegreen.net/homegarden/p41795/
http://yasashi.info/sa_00016g.htm
http://sodatekata.net/flowers/page/876.html
http://yasai-sodatu.net/article/110187684.html

ミント(覚書)

https://lovegreen.net/growing/p3715/
ミントは生命力が強く繁殖しやすいため、毎年植えかえます。年中行えますが、真夏はできるだけ避けます。一回り大きな鉢に植え替えるか、大きさを維持したい場合は、株分けを行います。

https://horti.jp/7981
挿し木や株分けは4~5月か、9~10月が適期です。株分けは、植え替えと同時に行い、剪定したときの枝を挿し木にすると効率的ですよ。種まきは、3~6月か9~11月に行います。

http://yasashi.info/mi_00003g.htm
8月頃に株元で切りつめると秋に再び新しい芽が出てきて収穫できます。
もうすでに茎が長く伸びている場合は4節ほど残して切りつめてからか植え付けましょう。


http://sodatekata.net/flowers/page/242.html

デュランタ(覚書)

http://www.yasashi.info/te_00001g.htm
5℃以上
真夏の直射日光はデュランタにはきつすぎて葉が黄ばんだり焼けてしまうことがあるので、鉢植えは明るい日陰に移動させます。
肥料は春から秋の生長期、2ヶ月に1回固形の肥料を置くか1ヶ月に2~3回程度液体肥料を与えます。たくさん与えると枝葉がよく伸びて大きくなりますが、花付きは悪くなります。
鉢植えは根詰まりを起こすので1~2年に1回植え替えが必要です。鉢から抜いた株はまわりの古い土を半分程度落とし、伸びすぎた長い根は切り詰めます。植え替えの適期は春です。
冬は寒風や霜、凍結に注意

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-195/target_tab-2
春から秋の成長期に緩効性の化成肥料を規定量置き肥として施してください
1~2年に1回は植え替えを行ってください。
花が咲き終わったら枝先を少し切るとまた開花します。切ったあとは緩効性化成肥料とあわせて、さらに液体肥料も1週間に1回程度施すと次の開花が早くなります。
大きくなりすぎた株の切り戻しなどの強剪定は、春先か冬前に行ってください。
http://sodatekata.net/flowers/page/1140.html
http://tree.shiny-garden.com/post-10293/

ダルマギク の種蒔きについて教えて

ダルマギクの種をいただきました。
蒔こうと思い、蒔き方を調べましたが、どこにも載っていません。
蒔き方、教えてください。

蒔き時 春蒔き?(4月?5月?) 秋蒔き??
直蒔き? 箱蒔き?
覆土は??
他注意点もあれば、教えてください。