スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホオズキ(覚書)

http://www.yasashi.info/ho_00010g.htm
寒さには強いので冬に防寒対策を行う必要はありません。
湿り気のある土を好み乾燥を嫌います。
ゆっくり効くタイプの粒状の肥料を混ぜ込んでおきます。追肥として春の生育期~花が咲く頃まで液体肥料なら2週間に1回、固形の肥料なら1ヶ月半に1回の割合で与えます。
毎年、株分けも兼ねて植え替えます。
株分けは掘り上げた地下茎を3~4節で切り取り6号鉢(直径18cm)に5~6本を目安に植え付けます。株分けの適期は3~4月です。
水切れに注意

https://horti.jp/8091
https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-359/target_tab-2
http://sodatekata.net/flowers/page/835.html
http://www.sakataseed.co.jp/product/search/code00906810.html
http://www.sodatekata-box.jp/content/10376
http://sodateru.hibiyakadan.com/search.jsp?database=qaCare&id=3805662&searchresult=3805492&name=%E3%83%9B%E3%82%AA%E3%82%BA%E3%82%AD
スポンサーサイト

水性植物

http://www.sakai-hanatebako.org/qa130601.html
植替えは春から夏にかけて行う、2、3年に1回行うこと。

http://www.biotop-g.jp/shop/index.cgi?mode=itemview&no=0015
赤玉土

ベニジアアークトチス 育て方(覚書)

http://sodatekata.net/flowers/page/456.html
霜に当たらなければ暖地での越冬は可能
高温多湿に弱いので、夏越しが難しく、基本的に全て一年草と考えて育てた方が精神衛生上も健康的
湿気の多い状態を好みませんので、水のやり過ぎに気をつけてください。
開花期間は肥料を追加してください(4~7月)。肥料は液肥なら一週間に一回。緩効性肥料ならば一ヶ月に一回です。リンの多めのものを。
乾燥気味の管理
苗で冬を越す場合は、寒さに弱いです。防寒が必要
直根性で太い根が傷つくと生育不良を起こし枯れることもあります。ポットから取り出すときも土をほぐさず、土を落とさずに、そのまま植え替えをします。
鉢に根が行き割って植え替えをするときは、値を崩さないようにして、新しい土で、一回り大きな鉢に植え替えをします。
株全体が老化して、夏越しさせても、何年も生育はしません。寿命が短い多年草です。植え替えをするときは土を崩さないようにして一回り大きな鉢に植え替えてください。

http://www.yasashi.info/a_00069.html
https://sodateru.hibiyakadan.com/page.jsp?id=2917277&f_name_kana=%E3%83%99%E3%83%8B%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%81%E3%82%B9
http://aquiya.skr.jp/zukan/Venidio-Arctotis_cvs.html

ウォーターバコパ

http://eightmillion.net/2009/05/post-103.html

http://mizukusasuisou.com/hinshu13
屋外育成では冬場になると茶色く枯れこんでしまいますがそのような時はあまり弄繰り回さずにそのままにしておくことで枯れた葉や茎などが根を寒さから守ってくれるため春になって気温が上昇してくると根元から新しい芽を出すようになります。
越冬のコツは水やりを控えできるだけ霜の降りない場所に移動するなど根腐れを防ぐ対策をしておくといいかもしれません。

http://happamisaki.jp-o.net/flower/a/water_bacopa.htm
寒さ: やや弱い
冬は暖地の戸外では葉が枯れますが、根を凍らせなければ暖かくなると新芽を伸ばしてきます。
鉢植えは根がよく張るので、毎年植え替えるとよいと思います。時期は春の5月~6月頃に行うのが理想的ですが、秋の9月頃にも行えます。

オモト(覚書)

https://horti.jp/5995
4~6月と9~10月に1度ずつ、薄めた液体肥料を与えれば十分
1年に1度、根をよくはる3~4月か9~10月に植え替え
傷んだ箇所を切り取ったら、新しい鉢に植え替えます。根は広げながら植え付ける
株分け

http://sodatekata.net/flowers/page/432.html
真夏は水を控えて乾燥気味に管理します。土が乾いてから二日経って水をしっかりとやる程度

https://welq.jp/17572
軒下や室内で育てることをおすすめ

http://www.houmeien.co.jp/newpage22.html
http://topiclabo.com/7186.html

http://www.omoto.net/ueka_01.html
冬季は凍らない程度

http://www.sankohen.com/page3.html
http://www.sankohen.com/page2.html
https://welq.jp/17572
http://www.janis.or.jp/users/katsumik/omoto/kisoOmoto.htm

チェッカベリー

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-335/target_tab-2
湿り気のある冷涼な気候を好み、高温多湿や夏の強い日ざしを嫌います。耐寒性は強く凍結に耐えますが、乾いた強い風には注意が必要です。弱酸性の水はけのよい用土に植えて、乾かさないよう管理することがポイントです。
花つき・実つきをよくするため、4月から5月の成長期に月1回の緩効性固形肥料を置き肥として施すか、月3~4回液体肥料を施します。秋、涼しくなってきたころにも少量施しておくとよいでしょう。
弱酸性の水はけのよいものを使います。一例として、赤玉土4、鹿沼土4、ピートモス2の配合土など。
植え替え:鉢植えは、3月から5月に根鉢をくずし、古い用土を落として植え替えます。地下茎を伸ばしてふえるので、混みすぎないよう必要に応じて切り詰めや株分けを行います。
植え替えのときの株分けのほか、6月ごろのさし木でもふやせます。また、実生も可能です。

http://sodatekata.net/flowers/page/67.html
チェッカーベリーは蒸れに弱く、密生しているのを放置しておくと、中のほうが蒸れて腐って枯れてしまうことがあります。特に夏場に蒸れやすくなりますので、一番は風通しのいい半日陰で管理することですが、茎を解(ほど)いて風通しを良くするか、間引いてしまうのも手です。
チェッカーベリーは寒さに強いですが、霜には当てないように軒下で管理してください。もしも-5度以下に下がるような寒冷地であれば、夜間は室内に入れてください。

http://hanamd-love.com/checkerberry01-90.html
http://sodateru.hibiyakadan.com/search.jsp?database=qaCare&id=3805662&searchresult=3805492&name=%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC

種蒔き
http://www.sodatekata-box.jp/content/4681
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1122747396
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。