ペンタス(覚書)

http://www.yasashi.info/he_00013g.htm
花が一通り咲き終わったら、先端から2節目くらいの場所で茎を切り戻します。枝分かれしながら、絶えずつぼみを付ける品種の場合、切り戻すタイミングがありません。そのような場合は、とりあえず花がらだけ摘み、花がいったん咲き止んだら、切り戻すとよいでしょう。
無事冬越しできた株は、全体を思い切って半分くらいに切りつめます。切り詰めないと茎の上の方から芽吹いて、アンバランスな草姿になりやすいです。
夏の暑さにも強いので日除けなどは必要ありません。日当たりの悪い場所では、花つきが悪くなったり、茎が間延びします。
熱帯性の植物で、気温の高い時期は元気に育ちますが、寒さは苦手です。暖かい地方であれば戸外やベランダでも冬越しができますが、基本的に冬は室内のできるだけ日当たりのよい場所で育てます。越冬温度の目安は5~6℃です。
土がじめじめした環境を嫌い、過湿にすると根ぐされをおこして枯れてしまいます。水のやりすぎには注意が必要です。
花を絶え間なく咲かせますのでスタミナ切れにならないように肥料を与えます。春から秋にかけて月に2回程度液体肥料を水やり代わりに施します。冬は与える必要ありません。
生育が旺盛ですので鉢植えは1年に1回は植え替えた方がよいでしょう。植え替えの適期は5月で枝を半分くらいに切り戻し、古い土を半分くらい落として長く伸びた根を切りつめて新しい土で植え替えます。
土がじめじめした環境に弱い
枝が伸びすぎたら早めに切り戻します
寒さに弱いので冬は室内かベランダで

http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-255/target_tab-2
春から秋の成長期に、肥料の三要素、チッ素、リン酸、カリが等量か、リン酸分がやや多めの肥料を規定量置き肥します。よく開花しているときは肥料を多く必要とするので、液体肥料も併用して施すとよいでしょう。開花期間が長いので、肥料切れに十分注意します。ただし、猛暑が続く時期に肥料を多く施すと、立ち枯れなどのトラブルの原因になります。
1~2年に1回は、植え替えを行うようにしてください。根詰まりすると生育が衰え、花つきが悪くなったり、立ち枯れを起こしやすくなります。

http://sodatekata.net/flowers/page/230.html
蒸れて葉っぱが傷むのであれば、切り戻しをします。全体の半分でほど刈り込んで風通しをよくします。いつ行ってもよいですが、最も適した時期は春に植えて一通り花が咲いた梅雨前か、蒸れやすい真夏の前…7月前後。後は適宜行って下さい。
スポンサーサイト

ピンクタンポポ

http://www.yasashi.info/mo_00006.htm
秋にタネをまいて育てます。移植を嫌うので、ポットにタネをまいて苗が育って きたらプランターや庭にポットの土をくずさないように植え付けます。大きく なった苗は根付きにくいので幼苗のうちに植え付けましょう。

http://happamisaki.jp-o.net/flower/m/momo_tan.htm
秋まき
発芽温度(15℃~20℃)
直まき、ポットまき(移植を嫌う)

http://www.sakataseed.co.jp/product/search/id1934.html
タネが隠れるように5mmほど土をかぶせ、たっぷりと水やりします。発芽までの 約2週間は乾かさないようにします

http://gardening-flower.sakura.ne.jp/sowing-crepis.shtml
覆土:タネが隠れる程度
通常なら約1週間前後で発芽が始まります。

はぶ草茶

http://www.ebisucha.com/grow.html
http://www.weblio.jp/content/%E3%81%AF%E3%81%B6%E3%81%9D%E3%81%86
http://www.e-yakusou.com/yakusou/050.htm

アヤメ

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7118559.html
アヤメは多年草で有り、種子を蒔いて発芽させたからと言ってすぐに花が咲くわ けではなく、花が咲くまでに3年ほどかかります。
種まきは、寒い季節以外で有ればいつでも可能であり、水はけの良い土に撒いた 上に軽く土を被せて乾燥させない程度の水やりを繰り返せば、数週間から1ヶ月 ほどで芽を出してくれます。

http://kero1113.seesaa.net/article/113128790.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1263795077
アヤメは強いのでいつまいても大丈夫です
掘るのも地下茎なほど強いので強引に引っ張ったりしても
大丈夫です
とにかくアヤメは強い花です

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1037189825
実際、今蒔いてもいいと思いますが、タネがなってからすぐ蒔けばよかったんで すよ。用土は市販の培養土でいいと思いますが。
覆土は1㌢ぐらいで平気ですよ

段菊 種蒔き

http://www.yasashi.info/ta_00008g.htm
タネまきは4月中旬以降にまくと失敗しにくいでしょう。
プランターに直まきして、間引きながら育てても、箱などにまいて発芽したら植 え替える方法のどちらでも育てられます。

シラネアオイ 種蒔き

http://blog.goo.ne.jp/pensee_ajisai/e/89511d3a3f9c27bbdbcd06db447642b8
秋蒔き
来年は双葉だけで終わりです
                 再来年やっと本葉が出て
                 3年後やっと一部の株が花を付けます
                 本格的に咲き出すのは4年後です。
                 特に来年双葉の間はまだ移植出来ないので
                 水枯れは禁物です。

http://37479925.at.webry.info/200910/article_1.html
旨く発芽すれば、来年春4月頃には双葉がでて、再来年春には一度アップした事 のある下記のような葉になって、
花が咲くまでは、4年程度かかる見込みです。山野草なので、タネから育てるの は時間も根気も必要です。
この播いた種は、一部2009年の12月に発根して苗床から浮いているものを 発見、最初は根が出るようです。
2010年の3/26辺りに発芽しました。2枚葉が1つにくっついた状態で苗 床から起き上がってきて、後に左右に開いて2枚葉になります。最初の発芽した 春から秋までは、2枚葉のままで、根が成長するようです。

http://homepage3.nifty.com/gozu/tane/1_kirokuflame.htm

http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-1011/target_tab-2
軽く覆土すると、翌春には発芽します。2年目から、成長具合によって少し大き な鉢に植え替えていきます。開花までに最低4~5年かかります。

エゾカンゾウ(ヘメロカリス) 種蒔き

ポット蒔き

http://sns.sodatekata.net/diary/656.html
9ー10月に種まき

http://sodatekata.net/flowers/page/1181.html
軽く土をかぶせて、水をやって乾かないようにしてください。種き時期は9月か ら2月。寒さにあたると新芽は枯れてしまいますから、9月・10月に種を蒔きます。

http://ameblo.jp/syumi-jin/entry-11502651002.html

ワイルドアイビー(コリセウムアイビー) 種蒔き

http://ameblo.jp/komamok/entry-11158746118.html
秋蒔き
耐寒性多年草

http://kero1113.seesaa.net/article/109930042.html
発芽適温は20℃前後、発芽までおよそ10日くらいかかる
2008/10/08の種まきで、2008/10/19日に発芽しました。

ウインターコスモス

http://www.yasashi.info/hi_00017g.htm
耐寒性もあるので特に防寒をする必要はありません。
肥料は植え付ける際にゆっくり効くタイプの肥料を混ぜ込んでおき、その後は追 肥として月1回程度、液体肥料を与えます。元々さほど肥料を必要としない植物 で、与えすぎると茎葉は茂りますが花付きが悪くなるので気をつけましょう。

http://sodatekata.net/flowers/page/11.html
移植を嫌います。

http://www.hanagoods.com/hana/bidens%20laevis.html
特に必要ないですが、生育のようすを見て、春と秋に緩効性の置き肥を与えます。
鉢植えやプランター植の場合は、少し大きめな鉢植えやプランターにゆったりと 植え替える。植え替えの適期は芽が出る3月上旬-中旬です。

ストロベリーフィールド(千日紅)

http://sodatekata.net/flowers/page/510.html
春から夏にかけて、花が咲いている時期は月に3回くらいの頻度で液体肥料をあ げます。肥料が少ないと花つきが悪くなります。

http://www.sakataseed.co.jp/product/search/code00906495.html
春まき1年草
乾燥した場所を好みます。霜が降りるころまで咲き続ける観賞期間の長い花です。

http://www.vivahome.co.jp/green_life/hanatomidori/8gatu/08strawberry_fields/default.htm
週に一回位で液体肥料を水にうすめて与えましょう。

http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-702
鉢植え、庭植えともに、5月から10月の間に、緩効性化成肥料(N-P- K=10-10-10)を月1回施します。

カンゾウ

http://yasai-sodatu.net/article/60907663.html
1.ヒガンバナ科のリコリスと間違えないように注意します
2.地下茎を伸ばして茎を立ち上げるので、枠植えにするなど工夫します
3.夏の高温乾燥期は、土の表面が乾いたら水やりをします
日当りの良い、湿り気のある肥沃な場所を好みます。
5月上旬~10月下旬、1ヶ月に1~2回追肥を施します。
1株当たり軽く1握り(約10g)の発酵油かすなどを
株の周囲に施し、土と混ぜて土寄せをします。
根を大きくしたい場合は、掘り上げずにそのまま3~4年
栽培すると良いでしょう。

ヒューケラ(覚書)

http://www.yasashi.info/hi_00022g.html
花がひととおり咲き終わったら、花茎を付け根から切り落とします。
株が古くなると茎の部分が立ち上がって草姿が乱れます(そのような状態を俗に 「ワサビ茎」と言います)。そのような場合は露出した茎の部分を隠すような感 じで土を寄せて盛ります。
日当たりは好きだが暑さと乾燥が苦手
耐寒性は強く、冬に防寒する必要はありません。また、寒さで葉が枯れることが ありますが春になると芽を出して前年同様に生長します。

http://sodatekata.net/flowers/page/65.html
外の半日蔭
寒さに強いので、雪の下でも枯れることがありません。
春に固形緩効性肥料を根本に置くか、液肥を春から秋の生育期間の間に月に一回 やる程度です。
日当たりを好みますので、冬春秋は日当たりで管理しましょう。鉢植えの場合 は、夏の暑さに弱いので、真夏は半日陰に移動させてください。日陰でも生育し ますが、日光が少なくなると葉っぱの色が薄くなってきます。