スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤花ルコウソウ、トマトサンマルツァーノ3、ホウセンカその他いろいろな種いかがでしょうか?

下記の余剰種があります。
いかがでしょうか?
赤花ルコウソウ、トマトサンマルツァーノ3(数名)、ホウセンカ白(数名)、ホウセンカピンク(数名)、ホウセンカ紫(数名)、モロヘイヤ(1名)、ネギ(数名),スズメウリ、五色トウガラシ(数名) トウガラシ(観賞用),バーベナボナリエンシス(数名)、、朝顔mix(数名)、オジギソウ(数名)、フウセンカズラ(数名)、朝顔2種類(数名)、センニチコウファイヤーワークス(数名)、ルドベキアタカオ(数名)、 タカサゴユリ(数名)、黄花コスモス(数名)、リクニス(数名)、おだまき(数名)、モミジアオイ(数名)、おもちゃ南瓜(数名)、アヤメ(数名)

青花ホオズキの実(1つの実に沢山の種が入っています)・・5個を一口として、2名さまに

バジル(紫、白色)・・数名OK ご希望の色も連絡ください。

梱包料(1種類20円、2種類より10円ごとUP(2種類だと30円))

切手もしくはネット銀行(ゆうちょ銀行・新生銀行・楽天銀行・JNB)へお振込みお願いします。

ご希望の方は下記までメールお願いします。
件名は「種希望」でお願いします。
miya.yoshie@nifty.com

Seed Box Clearance Campaign(お種箱)
http://homepage2.nifty.com/mydacks/engei/happyseed/hsgseedboxclearancecampaign.htm
知らず知らずのうちに余ってしまった種子たち。
種子リストに載せるほどたくさんもないし、ちょっと古いけど・・・でも発芽はすると思うので、捨ててしまうのは・・・・という種たち
そんな種たちを旅に出してみませんか?
自分のところへ回ってきたら、ほしい種をお種箱から。そして、余ってしまった種をお種箱へ。
そんなたくさんの種が入ったお種箱が全国を回ります。

下記の種、メンバーさんからおすそ分けです。
いかがでしょうか?
但し申し訳ございませんが、発芽率不明です。
発芽率高めの種は全国を回っています。
ご希望の方は、送料(72円~)+梱包料(1種類20円、2種類より10円ごとUP(2種類だと30円))のご負担をお願いいたします。
( )→採種もしくは購入年
金魚草(2006年) 朝顔の種ミックス(2014年) レウイシア(2013年) 青しそ(2012年) ゲラニウムビレネカムブルーホワイトフェイス(H27年) 銅葉バジルダークパール(2013年) ゴテチャ色混合(26年) アフリカンマリーゴールド(2013年) ヒモゲイトウ(2013年) 新鉄砲ゆり(2014年) F1グリーンズッキーニ(2009年) あけび(2014年) 白金時菜豆(20年) オルレヤーレースフラワー(2013年) 風船かずら(2014年) 高砂ゆり(2014年) 河原ナデシコ(26年) 変化アサガオ三三咲き(2014年) ホリホックベージュmix(2014年) 早生スイートコーン(2009年) 虎丸うずら(20年) ホリホックピンク一重(不明)

下記「古いです」と書かれています。
ズッキーニガータ ゴボウサラダむすめ


下記再掲
フウセンカズラ(2014) 原坊の朝顔(2014年) ソーメンうり(26) アヤメ2014) タカサゴユリ(2014) ホリホック白(2014) カボチャハロウィン(20009) カボチャ(2014) コスモス(2014) セラスチウム(20008) オンファロデス白(2014) オオウバユリ(2014) ハリアサガオ(針朝顔 2013年 夜に咲く、薄赤紫色の夜顔) オルレアレースフラワー(2013年) 花ひえクレイクチョコラーダ(2013年) もみじあおい(2013年) フジマメ(2012年 オンファロディス(2014年) ミズヒキ(2013年) ホリホックニゲラ(2013年) かぼちゃ(H25年) アサガオ(2012年) スイスチャード(2011年) 寒超時無大根(2010年) とうがらしタカノツメ(2013年) なでしこ(2013年) 藤ナデシコ(2013年) アヤメ(2013年) 宿根アサガオ(2011年) ムシトリナデシコ(2012年) フランネル草(白)リクニスアルバ(2011年) モミジアオイ(2013年) 藤アザミ(25年) リコニスオキュラータ(2013年) 藤ばかまダーク(2013年) 美女ナデシコ(2013年) 西洋石竹(2013年) 大葉春菊(2007年) エビネかぼちゃ(不明) スモークグラス(2012年) ハイビスカスパープルカクテル(2011) ひなげし(2012年) オキナワスズメウリ(2011年)アサガオミックス(不明) 朝顔(2012年) おしろい花ピンク(不明) ヒマワリ大雪山(2011年) ホリホックニゲラ(2013年) 風船かずら(2013年) 白ひもけいとう(不明) ひなげし(2010年) アサガオ(不明) 段菊紫(2011年) ブラックパール(2011年) トロバルムトリコロール(不明) タータン麦(2011年) フランネル草ピンク(不明) オダマキmix(2013年) ホリホック(不明) エゾカンゾウ(2012年) シラネアオイウスムラサキ(2012年) 八重咲ハマナス(2012年) 小判草(2012年) モミジアオイ(2011年) ルドベキアタカオ(2011年) ユーパトリウム(2010年) ニゲラ(2012) とうがん(2010年) 水菜(2011年) はくさい愛知(2010年) アポイギキョウ白花(2012年) 観賞用トウガラシ(2012年)

下記、種袋に「少し古い種です」と書かれています。
秋どり胡瓜 夢みどり 王湖 綿 トマトサンマルツァーノ3 ひまわり大雪山 花MIX 西洋石竹 食用ホオズキ ハクサイ ティゲラ ハクサイ富風 ANS ステイック春菊 グラスアレックス


切手もしくはネット銀行(ゆうちょ銀行・新生銀行・楽天銀行・JNB)へお振込みお願いします。

ご希望の方は下記までメールお願いします。
件名は「種希望」でお願いします。
miya.yoshie@nifty.com

また「種が余っているよ」と言う提供もお待ちしています。全国を回らせていただきます。
ありふれた草花の種でもOKです。
申し訳ございませんが郵送料などはご負担お願いします。
スポンサーサイト

水生植物

http://garden-vision.net/bio/mizube_kind.html
  浮葉植物
葉が水面に浮き、根や根茎は水中の土にあるもの
スイレン・アサザ・デンジソウなど
浮遊植物
基本的には水面に浮いて生育するもの
ホテイアオイ・サンショウモなど
抽水植物
葉や茎の大部分が地上に出ており、根や根茎は土の中にあるもの
アシ・ヨシ・オモダカ・ガマ・シュロガヤツリなど

http://happamisaki.jp-o.net/biotope/mizukusa/mizukusa.htm#a

アマゾンフロッグピット

http://eightmillion.net/2010/03/post-198.html
水面

http://www.nettaigyo-zukan.com/010/160/cat458/post-834.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1035289365
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10111145465
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13117533173
http://happamisaki.jp-o.net/biotope/mizukusa/amazon_f.htm
http://d.hatena.ne.jp/metadoll/20130530/1369866558
http://kero1113.seesaa.net/article/116088880.html

ウォーターマッシュルーム

http://happamisaki.jp-o.net/green/others/water_m.htm
鉢植え、ビオトープ、睡蓮鉢、アクアリウムなど
ミズゴケに植えて水の入った容器に入れたり、ハイドロカルチャーにしたり、睡 蓮鉢に入れたり、水槽の中に丸ごと沈めて楽しむ事もできます。
耐寒性は3度ぐらいと比較的強く
戸外のビオトープなどの場合は、鉢ごと水の中に沈めてもよいですし、葉のつい た茎を水の中に入れておくだけでもかまいません。冬の暖地は寒さで大部分が枯 れてしまいますが、春になって暖かくなると一部残ったものが葉を伸ばす事があ ります。念のため、秋に鉢ごと又は葉と根の付いた茎を取り、室内で越冬させて 春にまたビオトープに戻せばよいと思います。
ハイドロカルチャーやミズゴケで植えている場合、水を貯めている容器の水をつ ねに貯めて育てるようにします。
水を切らすと簡単に枯れてしまうので、用土は保水性のよい水蘚に植えて受け皿 に水を貯めて育てたり、腐葉土とピートモスを混ぜて保水力をよくして植え替え るとよいと思います。
生育期の4月中旬から9月下旬まで、液体肥料を通常の倍ぐらいに薄めて与えます。

http://sodatekata.net/flowers/page/900.html
葉っぱが水中から出る状態でも完全に水中でも育ちます。

http://www.exstage.co.jp/faq/f_shokusai/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AE%E8%82%B2%E3%81%A6%E6%96%B9.html
土植えはもちろん、ミズゴケに植えて水の入った容器に入れたり、ハイドロカル チャーに植えたり、睡蓮鉢に入れたり、水槽の中に丸ごと沈めて楽しむ事もでき ます。

http://tree.shiny-garden.com/post-620
http://matome.naver.jp/odai/2134811354870578801
http://eightmillion.net/2009/03/post-87.html

サジタリア(ホームセンターではめだかのよろこぶ水草)

http://eightmillion.net/2009/02/post-70.html
ピグミーチェーン・サジタリアの水上葉を水中葉にするためには、光量が弱いと 枯れてしまうので1本ずつ間隔を開けて植えるとよいでしょう。
植え込み時には、葉の付け根に砂利が入らないように注意するのがコツです。
5~6本をまとめて植えると、光量不足から中心部の株が枯死しやすいです。
水中に根が出ることを嫌うため、植え込む時には、注意深く根が砂上に出ないよ うにしましょう。
また、いったん植え込んだ株の植え替えは、避けるべきです。
根からの養分吸収が強く、砂中への肥料添加は有効です。
二酸化炭素(Co2)の添加は、生長および繁殖力を強め、短期間でランナーを伸ば して密生し、ライトグリーンの美しい群落を形成します。
あまり密生し過ぎると部分的に枯死し始め、しだいに広がって全滅することがあ ります。
あまり密にならないよう、時々間引きしましょう。
間引きは、ランナーを切断してから行なうとランナーで付近の株も一斉に抜けて しまうのを防ぐことができます。
二酸化炭素(Co2)を添加しない場合でも、水深を浅くすると水中葉の生長が早ま り、ランナーで殖えるようになります。
条件が揃うと、過密に繁殖するので間引きが必要になるほどになり茂みを楽しめ ます。
放っておくと過密になって、底砂の汚れが原因で古い葉に藻類が付着し、光量不 足になった葉が枯れ始めるので注意しましょう。
古い葉が枯れ始めるころには、新葉を出して生長を始め、やがてランナーを出し て小株を形成しますので、新しい株を育てましょう。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1230848482
この水草の注意点は植え込むときに深く植え込まないことです。
葉と根の境目が完全に埋まってしまうと、溶けてしまうことがあります。
この溶けはピグミーチェーンサジタリア同士で広がっていきますので
溶けてしまった株を見つけたらなるべく早く取り除いてください。
植えたばかりは葉数も少なくちょっとさびしい感じですが
植え込んで時間が経つと葉数が増えていきランナー(地下茎)を使って子株を増 やしていきます。

http://i-aquarium.net/post-1328/
ソイルの方が生長自体は良くなりますが、大磯砂でも肥料を埋めておけば生長は 遅くなりますが育成は可能です。
生長していけば、ランナーを出して増殖していきますが、株の近くにランナーを 出して増えていくのでボリュームを出すことが出来ます。
底床に埋めた肥料が切れてくると、葉の色が緑が薄くなってくるのでそのさい は、底床に固形肥料を追肥して下さい。
肥料要求が高い水草なので、固形肥料を追肥したらその効果が実感しやすい種に なります。
大磯砂でも育成は可能ですが、その際はしっかり固形肥料を埋めて下さい。
底床への根張りのいい水草なので、本種の底床から抜くさいはまわりの株を一緒 に抜いてしまわないように注意して抜いて下さい。

http://www.aqua-living.net/plantsdata_f28.html
http://www.nettaigyo-zukan.com/010/160/cat457/post-832.html
http://aquamori.jp/mizukusa/beginner.html
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?itemId=14198

ボウフラ対策 銅

http://www57.atwiki.jp/sirouto_engei/pages/15.html
http://happipop.blog90.fc2.com/blog-entry-301.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1189256711
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10144115315
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1089175095
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11143929861

ウォータバコパ

http://eightmillion.net/2009/05/post-103.html
植え込む際には1本1本丁寧に少し間隔を空けて植えます。
夏季には、鉢植えの上に直接植えてもよく育ちます。

http://happamisaki.jp-o.net/flower/a/water_bacopa.htm
ビオトープ、睡蓮鉢、アクアリウムなど
水辺の水生植物なので、鉢ごと水に沈めて葉の部分を水面に出して育てますが、 観賞魚の水槽へ葉ごと沈めて水草にして育てることもできます。葉ごと沈めた場 合、水中では花が咲かないので、水面から上へ伸びた所にだけ花が咲きます。
念のため、秋に何本か切って室内の暖かい部屋で越冬させると安心です。
薄めの液体肥料を入れておけばよいと思います。
鉢植えは根がよく張るので、毎年植え替えるとよいと思います。時期は春の5 月~6月頃に行うのが理想的ですが、秋の9月頃にも行えます。用土は市販されて いる水生植物用の土を使用するとよいと思いますが、荒木田土や赤玉土(小粒) でもかまいません。方法は一回り大きな鉢に植えるか、ハサミなどで切り分けて 株分けして植え替えてもよいです。

http://www.akb.jp/fs/tojaku/387
寒さに強い植物。寒冷地以外は屋外で越冬可能。
冬場は一旦枯れたようになるが翌年も生育するため、一年を通して水を切らさな いように注意する。屋内の暖かな場所であれば常緑となり冬場も楽しむことがで きる。
鉢植えで育てる場合は鉢ごと水につけ、株元が必ず水につかるように水位を調節 する。
地植えの場合は水位を調節し、深く沈み過ぎないように気をつける。
緩効性の化成肥料、または発酵済み油粕を土の中に埋め込む。
期間:5~9月 頻度:1~2ヶ月に1度
一般的な赤玉土でも構わない。田んぼの土は特に生育が良い。

http://mizukusasuisou.com/hinshu13
http://www.biolove.biz/syokubutu/bakopa.html
http://1mizukusa.seesaa.net/category/842569-1.html
http://kero1113.seesaa.net/article/128926469.html
http://blog.goo.ne.jp/syuko_august/e/0a48d68f95add7d0cba0e37223b128c8

アサザ

http://happamisaki.jp-o.net/flower/a/asaza.htm
ビオトープ、睡蓮鉢など
水生植物の浮葉植物です。
冬は葉がなくなってしまいますが、寒さに強い植物で育てやすいことからビオ トープの素材にもよく使われています。スイレンのように睡蓮鉢や鉢に植えて水 中に沈めて育てればよいです。
伸ばして横によく広がるので、できるだけ口径のある容器がよいです。口径は 40cm以上、深さは10cmぐらい沈めるので、できるだけ深さのある睡蓮鉢 などの容器を
日当たりが悪いと花が咲きに難いので、日当たりのよい所で育てます。冬の寒さ はには比較的強く、葉は枯れてしまいますが、根が生きて冬を越えるので、暖か くなるとまた葉を伸ばしてきます。
ポット苗を購入したら、根鉢を壊さずに植え付けます。用土は市販されている水 生植物用の土を使用するとよいと思いますが、荒木田土や赤玉土(小粒)を使用 してもかまいません。鉢の大きさは5~6号鉢ぐらいに植え付けます。深さのな い容器を使用している場合は、浅鉢を使用するとよいです。元肥は水生植物用の 土に入っていれば要りませんが、入っていない場合はマグァンプK(中粒)など の緩効性の化成肥料を混ぜておくとよいです。水に沈める深さは株元から 10cmぐらいの深さになるよう、葉が水面に出るよう沈めますが、多少沈んで もかまいません。もし深過ぎてしまう場合は底にレンガなどを敷いて高くすると よいです。
生植物用の土に肥料が入っていたり、植え替えの時にマグァンプK(中粒)など の元肥を入れていれば追肥の必要はありませんが、入っていない場合は緩効性の 化成肥料を用土に埋めます。
スイレン鉢など、水が減れば足せばよいです。冬も水に沈めておきます。

http://eightmillion.net/2010/10/post-291.html
http://www.ishidaseikaen.com/webshop/products/detail1468.html
http://www.asaza.jp/activity/rebirth/satooya/
http://www.akb.jp/fs/tojaku/467
http://uchidawakanyaku.co.jp/saibai/20110801.html
http://blog.livedoor.jp/sacchi7/archives/51005365.html

トチカガミ

http://aquaplant.net/48_1595.html
用土なしで水耕栽培のように水だけでも栽培は可能ですが肥料のコントロールが 難しく、市販のスイレン用土または赤玉土と腐葉土の3:1混合用土を5~10cm 程度の厚さで敷き込むと水質が安定し栽培しやすくなります。

http://eightmillion.net/2010/11/post-378.html
http://www.ishidaseikaen.com/webshop/products/detail4244.html?PHPSESSID=d8fddaa3c4534771de7cf850512fbb32
http://blogs.yahoo.co.jp/v8range/12496055.html
http://ameblo.jp/qdsxq772/entry-11283798536.html
http://www.sakai-hanatebako.org/qa130601.html
http://www.akb.jp/fs/tojaku/464

ポンテデリア

http://www.yasashi.info/ho_00014.htm
湿潤な土壌を好む植物で乾燥が苦手です。池などに地植えにしたり、鉢ごと水に 沈めて育てるのが普通ですが水もちのよい土で乾かさないように管理できるな ら、普通の鉢植えでも育てられます。水中で育てる場合は水深10~12cmの場所が 適していますが水深30cmくらいまでならよく育ちます。

http://flower365.sakura.ne.jp/20/918.html
水性植物ですが、穴のない容器やプランターの穴を塞いで植え付ければ育てるこ とができます。

http://www.biolove.biz/syokubutu/pontederia.html
土に植えることが必要です。

http://www.biolove.biz/syokubutu/pontederia.html
気をつけたいのは、乾燥に弱いので根茎が必ず水中にあるようにすることです。 水深10~12cm位がいいようです。

http://www.akb.jp/fs/tojaku/432

熱帯スイレン

http://members.jcom.home.ne.jp/takanuma/kiso/kiso.htm
水温について
 熱帯スイレンは熱帯植物ですので、育成には高い水温が必要となります。温度 に対する要求は園芸用の熱帯植物よりうるさく、最低でも15度は必要としま す。水槽では25~28℃程度に設定しておけば、問題なく育成できるでしょ う。高水温には相当に強く、一般の水草が弱ってしまうような30℃程度の温度 でもビクともしません。
 「スイレンと熱帯の花」によると、咲くやこの花館では28度で栽培している とのことです。

http://www.h3.dion.ne.jp/~lotuses/howto/tropical.html
可能であれば田土や畑土を使いますが、スイレンは基本的に土を選びませんの で、粘土質の物(市販の用土でしたら、赤玉土、荒木田土など)であれば生育に は全く問題ありません。 
5号定型鉢前後が最もバランスが良いと思います。
最低50cm以上が一応の目安
実際、小さな容器で栽培をされる場合は、10cm程でも大丈夫
本来は浅めの水深を好みます。

http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-144/target_tab-2
株元から水面までが10cmくらいになる水位が目安です。水が極端に濁ったり、肥 料分が溶け出して藻が発生したら、水を全部交換しましょう。
田土が適していますが、入手できないときは荒木田土または赤玉土小粒を練って 使用します。市販の水生植物用培養土を用いるのもよいでしょう。
6号鉢くらいの大きさの駄温鉢を用い、ポット苗の根鉢をくずさずに、芽が鉢の 中央にくるように植えつけます。植えつけたら水やりし、あらかじめ水を張った スイレン鉢あるいは大きな容器につけます。水位は、芽の位置から水面までが 10cm以上になるようにします。

http://makeit.joyfulhonda.jp/article/881
冬越しについて

http://www.exoticplants.co.jp/Nymphaea/framepage_suirenkaisetsu.html
冬越し

http://www.shopping-charm.jp/userarea/docs/tropical_wl0730_rs.html
http://dede.ti-da.net/c152078.html
http://www.jp-akatsuka.co.jp/flower/f_suiren.html
http://www.vivahome.co.jp/green_life/season/suiren/default.htm

ガガブタ

http://www.ishidaseikaen.com/webshop/user_data/gagabuta.php
肥料は毎月IB化成1粒が適当かと思われます。
秋には親株も根が詰まった状態になっていますので、掘り上げ、根洗いした後に、より大きいポットに植え替えて下さい。
浮いた子株も水中でそのまま越冬させることが出来ます。
春、気温の上昇とともに萌芽を始めますと肥料を施します。
8月頃より花の終わった葉の付け根より子株が育ってきます。その育った子株を切り取り、新しいポットに植えます。
肥料は4号ポットですとIB化成1粒が適当です。
次々と水面上に子株ができますので、肥料切れには注意して下さい。肥料はIB化成1粒を施肥して下さい。
その浮いた子株を順次4号穴なしのポットに移植して下さい。夏の間に相当なポット数になります。
移植したポットは株も小さいので水に浸けず、ポットの水だけで育成しますとしまった株になります。
 IB化成1粒お忘れなく。
秋から冬になりますと休眠してきます。その頃になりますと、睡蓮鉢もしくは発泡スチロールに入れ、水を張ります。
 これをすることにより、冬の間管理も楽で簡単に越冬します。
もし通常の底穴ありのポットを使用された場合は、移植後に睡蓮鉢或は発泡スチロールに水を張り沈めてください。
 水位は低いのが望ましいかと思います。
翌春、水温の上昇と共に新芽が動き出します。その頃IB化成を1粒お願いします。

http://eightmillion.net/2008/12/post-25.html
鉢植えでのガガブタの育て方は、鉢ごと水につけ、 葉が水面に浮くように水位を調節します。
戸外でのガガブタの育て方は、日当たりの良い場所で育て、元肥を施します。
浅めに植え込むか水位を調節し 葉が深く沈み過ぎないようにします。

http://kero1113.seesaa.net/article/120739211.html
水深よりも水面が広い容器がガガブタの栽培に適しています。
株分けの適期は春(4~5月)です。

http://www.uchidawakanyaku.co.jp/saibai/saibai-069.html
水深が5~10センチ程度になるように鉢の高さや水の量を調節する。
肥料は新芽が出る春頃に油粕と骨粉の団子か、大粒の緩効性化成肥料を少量与える。

http://www.akb.jp/fs/tojaku/1489
鉢植えで育てる場合は鉢ごと水につけ、葉が水面に浮くように水位を調節する。
その時に、少々葉が沈んでも問題ない。


http://www.rakuten.ne.jp/gold/ishidaseikaen/sodatekata/sodatekata/gagabuta.htm

http://tinyaqua.exblog.jp/12568476

サンショウモ

http://eightmillion.net/2010/05/post-221.html
強い照明が必要

http://kero1113.seesaa.net/article/106897024.html

ウキクサ(コウキクサ アオウキクサ)

http://eightmillion.net/2010/10/post-270.html
大光量を必要とする水草

イチョウウキゴケ

http://eightmillion.net/2011/04/-1-1.html
高光量が必要です。水槽内では栽培が難しく、いつのまにか消滅していることが あります。低光量ではうまく育成できないことから、ビオトープ向けと言えるで しょう。高光量でも増えすぎないので、間引く手間がかからない浮草です。

http://blogs.yahoo.co.jp/hiratamiyama/62973153.html
http://www.akb.jp/fs/tojaku/1482

マツモ

http://eightmillion.net/2009/07/post-158.html
カルキ抜き(水道水の塩素の中和)が充分でないと葉がバラバラになることがあり ます。
光量 弱い

http://kero1113.seesaa.net/article/115782193.html
水替えするときそのまんま使ってたよ。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1269788992
『屋外の半日陰』

http://pets.yahoo.co.jp/qa/1169213566?p=1
側面からの光が強くなり過ぎるため、側面を紙などで覆ってやると良いです。
水質の安定には底に少しでも砂利か園芸用の赤玉土を濯いだものを敷いてやると良いです。

http://aquarium-guppy.com/2014/12/05/post-1595/

ウォータークローバー ムチカ

http://www.akb.jp/fs/tojaku/384
抽水植物 
屋外で越冬可能。
冬場は一旦枯れたようになるが翌年も生育するため、一年を通して水を切らさないように注意する。
鉢植えで育てる場合は鉢ごと水につけ、株元が必ず水につかるように水位を調節する。
半日以上、日があたるところに置く。(休眠中は弱光でも問題ない)
一般的な赤玉土でも構わない。
緩効性の化成肥料、または発酵済み油粕を土の中に埋め込む。
期間:4~9月 頻度:1~2ヶ月に1度
直径9cm(3号)以上
地下茎で増殖するので、株が込みいってきたら株分けをする。
性質がデンジソウに似ており、少し深め5cm以上沈めると浮き葉を作りやすい品種。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1231554332
4~6月に株分け

http://happamisaki.jp-o.net/biotope/mizukusa/water_c.htm
鉢植えでは水を切らさないよう、生育期の春から秋は受け皿に水を貯めて腰水栽培するとよいです。冬は葉が枯れますが、春になって暖かくなると葉が伸びてくるようです。
鉢底から根が出て根詰まりしていたり、2年以上植え替えていないものは植え替えます。よく根が張るので株分けして植え替えるとよいです。時期は春の4月頃に行います。

https://www.hop-web.net/contents/topics/each.asp?pid=635
半日以上日が当たる場所で管理
1年を通して水は切らさない様にして下さい。
株がこみ入ってきたら、4月~6月に株分けして下さい

ボウフラ

ボウフラは水道水にはわきません。雨水など栄養豊富な水を好むので定期的に水 道水を入れてやるなどでもボウフラは防げます。

水生植物 液肥

http://aquaplant.net/fertilizer.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12134299092;_ylt=A7dP5XOxYLNVRTgAudpM.vN7?pos=6&ccode=ofv
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1456842009;_ylt=A7dP5XOxYLNVRTgAw9pM.vN7?fr=rcmd_chie_detail
http://www14.plala.or.jp/yamakow/aquarium-12.html
http://www.ishidaseikaen.com/webshop/user_data/hasuhiryo.php
http://www.aqua-living.net/aquastyle_05.html

スズメウリ 育て方(覚書)

http://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_r_detail&target_report_id=1349
5号

カキツバタ

http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-645/target_tab-2
水深は5~15cmくらい
一般の草花向け培養土

http://textview.jp/post/hobby/13761

http://sodatekata.net/flowers/page/57.html

http://www.shopping-charm.jp/userarea/docs/iris_rs.html
水生植物用のものや赤玉土など特に選ばないので市販のもので問題ありません。
肥料は、3月から9月の育成期間に固形肥料を1株あたり3~4粒程度を1ヶ月毎に与 えます。
7号~8号程度の鉢

やっと終わった 園芸作業(1年ぶりに我が家復活!!)

苗
苗


去年の9月に剥離骨折をしました。
通院が終わってすぐに、足に痺れ痛みが出、何ヶ月も 歩くことはできませんでした。

その間に、主人に お花たちの水遣りをお願いしていたのですが・・

我が家には100鉢ほどの子がいます。

主人も段々と水遣りをしなくなり・・

お願いしても駄目で・・

半分の子が亡くなりました(枯れました)。


本日 今やっと 1年ぶりに 我が家 復活しました!!


えっ? 今頃??

もう夏の後半なのに??

・・と、言わないでください(汗)

ホント、ここ 2ヶ月ほど忙しかったので。

主人側のお父さんが1ヶ月ほど 入院し(我が家から車で1時間ほどの病院)、週に 少なくとも 2回は、私も 見舞いなど 行っていたし、私自身 糖尿病にかかっていて、その検査、糖尿病教室などあったし・・

母が飼っていた猫が亡くなり、ペットロスになったので、10日ほど 実家に帰っていたし・・

今年は雨が多かったし・・

などなどでなかなか 園芸作業はできませんでした。


春、いくつかの種を蒔きました(ほとんどの子は種から育てているので)。

6月末 地元のフラワーセンターで「種苗交換会」があり、沢山の苗を頂きました。


種播きした子、全種類 我が家で育てる予定でした、いえ、毎年 育てています。

ところが、ところが・・

予定に無いことが発生・・

主人の実家の家では、池があり、コイもいてます。

その子達のために「ホテイアオイ」を買いました。

私も置き場があるので、買いました。

いろいろと調べると、鉢で 育てることができるとのこと。

早速植えましたよ。

するとすると、きれいな花が咲きました。

その瞬間、水生植物に惚れてしまったのです(写真がないのでリンク)。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%A4

園芸暦30年の今頃になって・・

いろいろな水生植物を頂きました。
http://www.bloom-s.net/bloom1/modules/d3forum/index.php?topic_id=2461

本やサイトでも勉強しました。
http://bookmeter.com/u/546932

何種類かの水生植物を頂いたので、種蒔きした苗の置き場がなくなって・・

老人ホームにお願いしました(引き取っていただきました)。


何ヶ月の園芸作業をしていたんだろう。

4月に種蒔きして、今やっと 鉢にあげました。


振り返ってみると・・

園芸作業を始める前は、私の心は不安だらけでした。

糖尿病と向き合い、目まできていて(網膜症と白内障)、足の痺れ痛みがまだある・・

全ての園芸作業が終わった今、そんな不安は どこかに消えていました。

植物が枯れていて、「もう駄目だろう」・・と思っていた子・・

何鉢が芽吹きました。

種から 大きくなり、きれいな花が咲き・・

園芸に、私の心 救われました。


なんか、支離滅裂な文章になり、ごめんなさい。

他にも下記で写真をUPしています(記事の下のほう)。
http://ameblo.jp/yosi373/entry-12057981208.html

アルブカ

http://nao-k.jp/engei/kobetu/arubuka/arubuka.html
オーニソガラムの近縁種
球根に水分を蓄えているので、多肉植物として扱われることもあります。
日当たりと風通しの良い場所に置きます。寒さには弱いので軒下など直接霜や雨 が当たらない場所が良いでしょう。
直射日光と風が当たらないと葉がクルクル捲かないと言われます。
湿った状態が続くと球根が腐りやすいので、雨にはあてません
冬場の潅水の目安は、1週間に1回です。あたたくなって蕾が伸び始めれば、3日 に1回くらいに増やします。梅雨時から9月までは、水をやる必要はありませが、 夏場でも2週間に1回くらい水を与えた方が、秋の生育が良くなります。
ナマクエンシスやコントラタは、6月になると葉が完全に枯れますが、スピラリ スは、夏でも葉が枯れません。水を切って夏越しする方が安全ですが、夏場でも 水をやることによって、葉が維持され秋からの生育が良くなります。
芽が出る直前の8月下旬~9月中旬に植えつけます。真夏に植え替えるときは、8 月下旬まで水をやりません。水仙などの球根と違って掘り上げて保管するのでは なく、鉢に植えたままで夏を越させます。鉢植の場合は、3.5号か4号鉢に1球植 を基準とします。フリズルシズルは、球根が10cmくらいとかなり大きくなるの で、球根が大きな場合には、5号鉢に植えます。過湿に弱いので、大きな鉢に植 えると球根が腐りやすくなります。用土は、鹿沼土やボラ土など粒が大きく排水 の良い用土を使います。私は、ぼら土1:鹿沼土1に草木灰を少量混ぜた用土をを 使っています。草木灰がない場合には、苦土石灰や有機石灰を入れます。腐葉土 や堆肥などの有機質は使わない方が無難です。球根の頭が見えるか見えないくら い土に埋まるくらいの浅植とします。
乾燥には強いので、水は、普通の植物の半分くらいにします。6月になると葉が 枯れ始めるので、水を2~3週間に1回くらいに減らします。葉が枯れても根は生 きているので、夏場でも少し水をやった方が芽の出が良くなりますが、夏場の水 遣りは、根腐れの原因にもなります。初心者は夏場には水をやらない方が無難で す。。9月になって芽が伸びだしたら1週間に2回ほど潅水します冬場は乾燥しに くいので、1週間に1回に減らし、3月になり気温の1週間に2回に増やします。4月 の開花時期は、水を必要とするので2日に1回潅水します。。
夏場に植え替えるときに分球して増やします。
肥料は、あまり与える必要がありません緩効性の化成肥料を元肥料として与えれ ば、後は与えなくても構いません。肥料の与えすぎは、根腐されの元です。

http://flower365.sakura.ne.jp/01/985.html
4~5号鉢の小さめの鉢
乾燥気味に育てることが重要で、水の与えすぎには注意します。
梅雨時から夏の間は休眠期になりますが、掘り上げずに鉢に植えたままで、水は 与えなくて大丈夫です。ただし、葉を付けているようでしたら、2~3週間に一 回は軽く水を与えても大丈夫なようです。
ときどき少し薄めの液肥を与える程度にしています。

http://taniku-kanyousyokubutu.blogspot.jp/2015/02/blog-post_19.html
http://isladelpescado.com/item/succulents/bulb/albuca_spiralis_cv_frizzle_sizzle.html
http://item.rakuten.co.jp/gekihana/ha_asf/
http://www.mirai.ne.jp/~panther/cactus/albuca.html

サラセニア

http://www.yasashi.info/sa_00007g.htm
一年を通して日当たりの良い場所で育てましょう。耐暑性もあり、夏の暑さにも 特に気をつけることはありません。
耐寒性は強く、霜に当てなければ屋外で冬越し可能です。不安な場合は、ベラン ダなど屋根のある場所に置きましょう。
もともと湿地に住む植物で、常に湿った状態を好みます。水やりは受け皿に水を ためて、鉢底から水を吸収させます(この作業を”腰水”といいます)。受け皿に 水がなくなったら足し、常に水をためておくようにします。ときどき上からも たっぷりと水をやります。そうすることで鉢中の汚れを流して、新鮮な酸素が入 ります。
夏場は溜めてある水が傷みやすいのと、日射しに当たると水がお湯になって根を 傷めることがあるので、置き場所に気をつけ、こまめに水を替えてあげます。他 の季節でも、水が濁ったら取り替えるようにしましょう。
冬は低温で生長しませんが、極端に乾燥させないように水やりをします。冬の水 切れは失敗しやすいポイントのひとつです。
やせた土地を好むので特に肥料は必要ありませんが、春と秋に1回ずつ液体肥料 を与えましょう。食虫植物だからといって虫を意図的に与える必要はありません。
水ゴケが手軽で扱いやすいです。ただし、常に湿った状態にするので傷みやす く、1~2年に1回植え替えが必要です。
毎年新しい水ゴケで植え替えを行います。適期は真冬、1月~2月に行います。 鉢から抜いた株は傷んだ水ゴケをていねいに取り除いて、腐って黒くなった根も ていねいに取り除いて湿らした新しい水ゴケで植え替えを行います。植え付けを する際は鉢の底1/3くらいに軽石を入れて、その上に水ゴケを巻き付けた株を植 えます。栽培には通気性のよい素焼きの鉢を利用するとよいでしょう。

http://sodatekata.net/flowers/page/1483.html
乾燥に弱い植物です。水切れに注意しないといけません。

http://homepage3.nifty.com/jcps_tanabe/022001.htm
小鉢というと通常2.5号から3号どまりで、腰高の長鉢が良い
4号で4株くらい


http://kent.la.coocan.jp/Cultivation_of_Sarracenia.htm
http://a-t-g.jp/carnivorous-plant-cultivate-4450
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n305810
http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-1035/target_tab-2
http://www.geocities.jp/t000271/sarracen_saibai.htm

ヒメトクサ

http://sorairo-net.com/engei/016/
水を切らすと地上部が枯れてしまうことがあるので、水の中で栽培するのが適し ています。
 耐寒性がありますが、5度以下になると地上部は枯れてしまいます。翌年、暖 かくなると新芽が出てきます。
 用土は鹿沼土などの排水性・保水性のよい土に、川砂などを混ぜます。トクサ は乾燥にも強く、花壇などでも育てることが可能ですが、ヒメトクサは水分を多 めに必要とします。植木鉢で育てる場合は、穴の開いていない植木鉢や、受け皿 に水を貯めておくと良いでしょう。
 置き場所は、日陰~半日陰で育てます。
 肥料は必要なく、病害虫も特にありません。丈夫で繁殖力が強いので、増えす ぎないように気をつけましょう。
地下茎のランナー状の根を出すので、株分けで増やしまします。繁殖力が旺盛な ので、増やすよりも、減らすのに苦労すると思います。
 シダ植物の仲間なので、種子を作らず胞子で増えるので、種子で増やすことは 不可能です。

http://www.sanyasou-sodateru.com/saibaiaki/himetoksa.htm
春は日当たりの良いところで夏は風通しの良い半日蔭位にした方がしっかり育つ。
繁殖力が強く、すぐに根が詰まるので株分けをしないと根詰まりになるのででき れば毎年植え替えた方が良い。

http://www.akb.jp/fs/tojaku/361
寒さに強く寒冷地以外は屋外で越冬可能。
一年を通じて絶えず土が湿った状態にする。
株元が水につかる状態でも生育する。 
直射日光の当たらない明るい日陰が向く。
一般的な赤玉土でも構わない。
肥料はあまり必要ないが、与えるなら緩効性の化成肥料、または発酵済み油粕を 土の中に埋め込む。
期間:3~9月 頻度:5~8週間に1度
4号以上の鉢に植え付けをする。

http://blog.goo.ne.jp/luna126/e/9b7acc698c1789b646f64f86c42ba313
底穴のない鉢に植えること。
肥料なし、です。
そして、北向きの場所に置いています。


http://www.hekizanen.com/onlineshop/saibaihou.htm

ツルニチニチソウ

http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-713/target_tab-2
ツルニチニチソウは日当たりから半日陰、ヒメツルニチニチソウは日当たりから 日陰でよく育ちます。花つきをよくするには日当たりが望ましいですが、斑入り 品種は半日陰のほうが美しく見えます。乾燥に強い反面、土壌の過湿を嫌うの で、水はけのよい土壌で育てます。ツルニチニチソウはヒメツルニチニチソウに 比べると、やや寒さで葉が傷みやすいので、葉を長く観賞したいときは冬に簡単 な防寒をするとよいでしょう。
用土が乾いたら、たっぷりと水やりします。
花後に緩効性化成肥料や有機質肥料を施します。
3月下旬から5月上旬、および9月下旬から10月下旬に、30cmほどの間隔で植えつ けます。株元の節を埋めるように深植えにします。
つるの伸びが速く、広がりすぎるときは、不要な部分の切り戻しや間引きを行い ます。また、斑入り品種から緑葉の枝が出た場合は、早めに切り取ります。
耐寒性、耐陰性、耐乾性に優れ、周年観賞できます。

http://www.yasashi.info/tu_00002g.htm
過湿は避けましょう

http://sodatekata.net/flowers/page/417.html
乾燥気味の管理が向いていますので、水をやりすぎないでください。


http://www.takamiya.com/garden/plant/turu_nichinichisou.html
http://garden-vision.net/flower/tagyo/vincamajor.html
http://www.flowers-beauty.com/007_flowers/largeperiwinkle/largeperiwinkle_1.htm
http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-vinca-major_large.html

ムクゲ

? ムクゲ(赤紫八重)
http://item.rakuten.co.jp/chigusa/635274/
http://gazo.cocolog-nifty.com/my_tiny_flower_garden/2010/07/post-dd39.html

ドドナエア

http://sodatekata.net/flowers/page/796.html
日当たりのよい場所
真夏の暑さに強い
寒さには耐性がありますが、それでもマイナス5度以下になると枯れるので、寒 冷地では鉢植えにして室内に取り込んでください。
冬が深まると共に真っ赤に紅葉するのに寒さにあたっても落葉しません。

http://育て方.jp/cat10/post_110.html
植え替えのときは土をなるべく落さないようにし、根を切り詰めたりしたときは 葉を落します。


http://www.s-gardening.com/contents.php/plants

セダン草

セダン草としての情報はなく、「金の成る木 では?」と言う情報有。

http://www.bloom-s.co.jp/kanri/kanenaru.htm
0℃以上の場所が望ましい
土の表面が乾いてから、たっぷり与えてください。やや乾燥気味でもOK!過湿厳禁!
冬場、屋外で育てていると、寒さでくたっとなってしまうことが良くありますの で、できるだけ室内で冬場は育てるようにしましょうね。

カリガネソウ 育て方(覚書)

http://sodatekata.net/flowers/page/569.html
花が終わった後に固形肥料 カリガネソウは肥料が多いと枯れてしまいますので、肥料は少量で十分 暑さ・寒さに強い 適当な高さになったら剪定して高さを調節

http://www.sanyasou-sodateru.com/saibaiaki/kariganesou/kariganesou.htm
株分け(3~4月)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。