スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿根ロベリア(ロベリア,クイーンビクトリア) 育て方(覚書)

http://www.yasashi.info/sa_00004g.htm
日当たり 地上部は冬には自然と枯れて、地下に太い根茎が残ります。この根茎が凍らなければ簡単に越冬できます。湿り気のあるほうが好みます。最初に肥料を土に混ぜておけば、追肥の必要がありません。赤玉土か鹿沼土(中粒)5:ピートモス3:川砂1:堆肥1。植え替え 休眠直後の11月か、新芽がふく直前の3月がよい 目安としては1~2年に1回は植え替えた方がよいでしょう。地上部が枯れてしまったあと、地下茎についている芽をはずして(手で取れます)分ければ、その芽がまた一つの株になります。

http://item.rakuten.co.jp/hanaipn/10004915/
耐寒性宿根草。極寒地以外では戸外で越冬します。

http://garden0220.ocnk.net/product/2740
性質も丈夫で、日本の暑い夏の環境にもよく耐え、
他の植物が疲れがちになる真夏の時期から
元気に、よく目立つ花を咲かせてくれます。

http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-374/target_tab-2
日当たりを好みますが、真夏の強い西日は苦手です。新芽が出始める3月上旬と地上部が枯れる11月上旬に固形肥料を施します。赤玉土小粒5、腐葉土4、川砂1の割合で配合した用土 3月または10月下旬から11月に、植えつけや植え替えを行います。春または秋に株分けやさし芽でふやします。植え替えの際に、地下の株を手で割れる程度の大きさに分割します。

http://flower365.sakura.ne.jp/10/489.html

サトイモ 育て方(覚書)

http://plaza.rakuten.co.jp/negishinouen/diary/201303180000/
高温多湿が栽培に適します。真夏の乾燥に弱い 土量は多め 11月中旬頃には~大きなサトイモが収穫できちゃいます 収穫時期・・葉が枯れてきた頃。初霜にあうと葉が枯れる。

http://minonaru.net/post-620/
芋は新芽の基部が暗くないと肥大しないので、定期的に株元に土寄せをすることが大切。

http://野菜の育て方.com/satoimo-sodatekata-7458.html
連作は避けます。
掘り起こすのが大変でしたら、霜が降りる前までに株に土や藁を厚く被せます。

http://tomononekko.blog83.fc2.com/blog-entry-474.html
根を切らないように注意してください。


https://www.ja-nishikasugai.com/green/saien/satoimo/satoimo.htm
http://nakagawa-bio.com/archives/category/%E9%87%8C%E8%8A%8B%E3%81%AE%E6%A0%BD%E5%9F%B9%E6%96%B9%E6%B3%95
https://jasaga.or.jp/agriculture/douga/calender/satoimo
http://www.hanano-yamato.co.jp/howto/satoimo/
http://tomononekko.blog83.fc2.com/blog-entry-474.html

ブルースマイル 育て方(覚書)

http://www.fst10.net/bluesmile.html
暑さ寒さに強い、毎年楽しめる丈夫な植物
今咲いている花を長く楽しむコツ
購入したら、あまり鉢底が深くない容器などに肥料分の少ない排水性の良い用土で植え替えます。
日当たりがよく、風通しの良い所に置くのが最適です。花色が落ちるようであれば、日差しが足りません。
肥料は、与えすぎると、根腐れを起こしますので、通常より少なめに与えてください。⇔ポイント!
購入時の花が終わったら、円形に刈り戻すとまた花が咲きます。関東以南の平野部であれば、およそ5月の連休まで、関東以北の地域では5月中まで刈り戻せます。
※切り戻す前後に肥料分が多いと枯れる原因になります。
来年咲かせるためのコツ
夏の高温期に入ったら、肥料はおかずに、そのままの状態で、夏越しします。
秋になって涼しくなったら株全体の最低3分の1は残して円形を基準に刈り戻し、緩効性の肥料を1回与えます。
冬は地植えなら-7℃程度、容器植えでも-5℃程度まで戸外で越冬できます。
春になって新芽が見え出したら緩効性肥料を少し与えます。新芽がある程度(3cm程度)伸びだしたら、ひとまわり大きな容器などに植え替えます。
http://www.yoneyama-pt.co.jp/thegarden/online/item.php?it...
http://setotyan.at.webry.info/200906/article_12.html
http://www.bloom-s.co.jp/blog/data/208/208_32.html
http://blogs.yahoo.co.jp/ppp621621621/11422944.html
3月下旬~11月中旬の生育期は、戸外の直射日光下
過湿を嫌う
薄めの液肥を月に1~2回施す。
夏か秋にさし芽。植え替えは春に。
http://log.engeisoudan.com/lngb/200505/05050172.html
花が咲き終わったら、花がらは付け根から摘みます。
夏を過ぎて枝が伸びすぎたなと思ったら、鉢のフチあたりで切り戻すといいですよ。
寒さに弱いところがあるので、冬は室内に入れたほうがいいと思います。
http://utaninaru.jugem.jp/?cid=7
http://item.rakuten.co.jp/eco-guerrilla/tjfms/
http://www.sunsmile.org/muhi_001.php
http://ameblo.jp/ru-tan0315/entry-10491599117.html

ツンベルギア 育て方(覚書)

http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-194/target_tab-2
日当たりのよい場所 春から秋の成長期に緩効性の置き肥 1~2年に1回程度春に植え替え

http://sodatekata.net/flowers/page/1090.html
寒さに弱い 液肥を一週間に一回 真夏の暑さと直射日光には若干弱ってしまいます。

http://www.yasashi.info/tu_00014.html
植え替えは気温が十分上がる4月下旬~5月が適期

http://garden-vision.net/flower/tagyo/thumbergia.html
日当たりのよい場所で育てますが、できれば真夏は遮光したい


http://www.sakataseed.co.jp/special/midori/suitable/entry-111.html
http://gardening-flower.sakura.ne.jp/plants-thunbergia.shtml
http://www.worldflower.net/shop/growth/g0274?site=w1&ima=4054
http://www.flower-toya.jp/info/200609.html

カラミンサ 育て方(覚書)

http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-538/target_tab-2
日なた 鉢土が乾き始めたらたっぷり水やりをします。元肥 秋と早春に、株まわりに緩効性化成肥料をばらまくか、液体肥料を追肥します。
植え替え 3月から4月 9月中旬から11月中旬
株分け 芽が出始める早春が最も作業しやすい

http://www.sc-engei.co.jp/plant/flower/cultivate/269.html
耐寒性が強い 追肥として2~3カ月に1回、同じ肥料を同量、株の周りの土の上にばらまいて施します。

http://hanamd-love.com/calamintha01-140.html
液肥を月に2~3回


http://sodatekata.net/flowers/page/547.html

イベリス 育て方(覚書)

http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_pl...

多年草のセンペルビレンス種は耐寒性が強く、寒地でも冬越しできますが、高温
期の多肥多湿に弱く、蒸れて株が腐りやすいので、できるだけ水はけをよくして
おくことが大切です。

春と秋の成長期は、用土が乾き始めたらたっぷりと水を与えます。梅雨期から
は、乾かし気味に水を与え、株が蒸れないように注意します。

春と秋に施し、6月以降は肥料分が残らないようにします。


http://sodatekata.net/flowers/page/363.html

過湿を嫌います

固形の肥料

移植を嫌います。

霜に当たり地上部が枯れても春になると新芽が出て来ます。


http://育て方.jp/cat19/post_36.html

イビリスは日当たり良く、肥沃で水はけのよい場所を好むとされていますが、夏
の西日が当たるようなところに植えると夏越しが難しくなります。

アマチャツル 育て方(覚書)

http://www.e-yakusou.com/nae/amazu.html
栽培は容易で日当たりの良い場所~陰地まで。乾燥した場所が向く。
土壌は湿潤肥沃な場所では良く生長する。肥料は、腐葉土などを使い有機栽培する。
アザガオ(朝顔)を育てる要領で、支柱を立てて蔓(つる)を誘導して育てると葉を採取しやすい。
繁殖は初夏の花のつく頃に株分けする。

http://shizenseikatsu.ocnk.net/product/2450
西日のあまり当たらない日向から半日陰で、湿り気が多くあまり乾かないところが適地です。野草ですので、肥料は必要ありませんが、植栽前に有機系の元肥をすき込んでやると良いでしょう。ツルが伸びてくる頃までに、支柱を立てて蔓(つる)を誘導してやると採取しやすくなります。

http://nouen.rui.ne.jp/blog/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%85%E3%83%AB%E2%98%86%E7%B5%9E%E8%82%A1%E8%97%8D%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%B3%E2%98%86%E4%B8%83%E8%91%89%E8%83%86%E3%82%B7%E3%83%81/
http://www.hyakka-saen.co.jp/amacyazuru/amacyazuru.htm

グリーンアスパラガス 育て方(覚書)

https://www.ja-nishikasugai.com/green/saien/asupara/asupara.htm
3年目以降の収穫時期は、翌年の根株のために収穫しすぎないように気をつけよう。また、梅雨の時期に茎に褐色の病斑ができ、株全体に広がって枯死してしまう茎枯病が発生するので、できれば雨よけや薬剤散布で予防しよう。
秋に地上部分が枯れたら、地面のきわから刈り取る。
7月頃に油粕100g/m²を追肥してね。
冬には株元から40~50cm離れたところに溝を掘って堆肥と油粕(植えつけ時と同量)を追肥する。

http://yasainosodatekata.com/sodatekata/youyasai/asuparagasu.html
深型の鉢
多湿を嫌う
1年目は元肥だけで育てる
1回目の収穫後から 春先の収穫が終わった後、8~9月の新芽が出る前、2~3月の芽だし 肥料
寒風から守る(冷害にあい枯れてしまう)
植え付け 4月下旬~5月上旬 根鉢を壊さない

http://allabout.co.jp/gm/gc/324756/
発芽してから収穫できるようになるまで温暖地で2年かかります。
アスパラガスの根は深さ1~2mに生長するので、地植えが適しています。

http://ymmfarm.com/cultivation/veg/asparagus
連作可能
10年ほど収穫が可能
酸性土壌を嫌うため、酸度調整も大切です。pHは6.0〜6.5が目安です。
夏場の乾燥が苦手で、土が乾くと根が弱って極端に生育が悪くなります。
10年くらいで株が疲れてくるので、一度掘り起こし、植え替えると良いです。(畑)

http://flower777.mimoza.jp/article/92543912.html
根をかなり深くまで伸ばす植物ですので、
あまり移植には向いていません

http://トレンド豆知識.com/14936.html
植えて5~10年は収穫を楽しむ事ができ、
もっとも収穫が多くなるのは4~5年目といいます。

http://plantersaien.com/%E8%91%89%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%82%B2%E3%81%A6%E6%96%B9/yu-rin%E6%B5%81%EF%BC%81%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%81%AE%E8%82%B2%E3%81%A6%E6%96%B9
毎年土の入れ替えを!


http://www.ja-tsuyama.or.jp/einou/greens/index02.html
http://www2.odn.ne.jp/~aau96530/aec/wakuwaku/saien/yasai/asupara/asupara.html
http://tomononekko.blog83.fc2.com/blog-entry-1111.html
http://shop.takii.co.jp/shop/selection/asparagus1310.html?utm_source=m140807&utm_medium=magazine
http://www.ibaraki-shokusai.net/seisan/shohin061.php

マンデビラ 育て方(覚書)

http://mandevilla.toyoake.or.jp/glowth.html
水遣り・・・乾燥させて下さい!
置き肥タイプの暖効性化成肥料(N:P:K=12:12:12)などを30日〜40日ごとに置くとより効果的です。
霜の降りる前に、地上部20cm〜30cmくらい残して、切り戻しをして屋内で管理してください。
気温が5℃以下にならないように注意し、水は控えめに与えてください。

http://www.yasashi.info/te_00012g.htm
花後は冬室内に取り込む前に翌年の花付きをよくするため、つるを3~4節の越してすべて短く刈り込みます。
寒さには弱く10℃を切ると生育が衰えたり枯れることもあります。11月頃には室内に取り込んで窓辺の日当たりのよい場所で育てましょう。
肥料は春に新芽が伸びてきたら液体肥料を水やり代わりに月2~3回与えます。肥料は秋まで与えます 。固形肥料を用いる場合は2ヶ月に1回を目安にします。
根が非常によく張るので小さな鉢に植えているものは1年に1回植え替えが必要です。植え替えの適期は4~5月で、新芽が伸びてきて気温が充分に確保(10~15℃程度)できるようになってから行います。古い土を軽く落としてから一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えます。購入した苗を植え付ける場合、芽の先端を摘んでワキから芽を出させます。

http://sodatekata.net/flowers/page/294.html
冬は水を控えて
一ヶ月に一回とかその程度

http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-122/target_tab-2
http://www.sc-engei.co.jp/plant/green/cultivate/357.html
http://www.flowers-beauty.com/007_flowers/mandevilla/mandevilla_30.htm
http://www.worldflower.net/shop/growth/g0228

踊り葉牡丹の作り方(メモ)

http://育て方.jp/cat15/post_17.html

移植を嫌う

根鉢を崩さないように

葉牡丹の花が咲いて後、種が大きくならないうちに種の下で切ります。

4/3に葉牡丹の花が咲いてサヤができたので、ばっさり切る。

そうすると横から芽が出て又花が咲きます。

 (5月下旬から入梅までに済ませるみたいです)

何回か繰り返すと、1本の木にたくさんの葉牡丹がくっついている状態になります。

肥料は全然しませんでした。

葉牡丹は茎が柔らかく折れやすいですので支柱を立てて固定します。

秋になると自然と色が付いてきて踊り葉ボタンのできあがりです。

最後に形がよくなるように余分の葉をかきとります。

途中の早い段階(梅雨の頃)で折れた枝を挿しておいたら根が出た

夏は涼しいところで育てる。葉牡丹は「キャベツ」の仲間なので暑いのが苦手です。

http://www11.ocn.ne.jp/~hanahaha/habotan.htm

水差しにしていた状態で根が出てきました。

これから植えつけても良し、折れた時点で挿しても良し。

冬はヒヨドリに葉を食べられます。茎を折られない様に支柱を強化。

http://saibai-qa.com/article/82893597.html

一回り大きな鉢への植え替え作業を行います。

この時の肥料は、3月~6月に1回、9月に1回緩効性肥料を、

ごく控えめに与えてください。

多すぎると色がきれいに出にくくなります。

http://allabout.co.jp/gm/gc/72786/

5月中旬頃に、※1根を切らないように注意しながら、※2大き目の鉢に植え替えます。

http://blog.livedoor.jp/mii_mah-mii/archives/51950498.html

http://www5b.biglobe.ne.jp/~f-story/habotan.html

ハゴロモジャスミン 育て方(覚書)

http://www.yasashi.info/ha_00030g.htm
平地や暖地では露地で越冬できるため、フェンスなどに絡ませて育てることもあります
花が咲き終わった後に枝を切り戻します。枝が伸びすぎていたり、樹形が乱れて見苦しい場合はすべての枝を半分くらいの長さにばっさりと切り詰めましょう。枝は春~秋の生育期間中によく伸びるので、多少短めに、枝先から2/3くらいのところまで切り戻しても問題ありません。ハゴロモジャスミンはこの「花後にばっさりと切り戻す」のが基本の剪定方法ですが、全体の樹形が整っている場合は不要な枝を切り戻す程度の剪定でもかまいません。
生育が旺盛なので、剪定後も生育期間中に枝が元気よく伸びて樹形が乱れることがあります。バランスを考えながら適宜不要な枝の切り戻し、長く伸びすぎた枝の切り詰めを行います。このときの剪定は、ばっさりではなく、軽く整える程度にとどめておきましょう。
苗から育てる場合は春~秋に新芽を摘んでわき芽を出させ、できるだけ枝数をたくさん増やしましょう。新芽を摘んでわき芽を出させ、わき芽が伸びてきたらその新芽を摘んでさらにわき芽を出させて…という作業を数回繰り返すとボリュームのある株に仕立てることができます。
日当たりのよい場所でよく育ちます。鉢植えの場合は真夏だけ暑さを避けるために半日陰の場所に移動させます。
0℃以上の気温があれば屋外でも越冬可能で、関東より西の太平洋側、四国、九州では地植えで育てることができ、鉢植えのものも戸外で冬越しできます。
鉢植えの場合、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。春につぼみが見えてきたら水切れに気を付け、通常よりやや多めの回数、土の表面が乾いてきたら水を与えるようにします。真夏も乾きやすいのでたっぷりと水を与えましょう。
肥料は冬の1~2月に固形の油かすなどの有機肥料を、花後と9月頃に速効性の化成肥料(地植えの場合はゆっくりと効くタイプの化成肥料)を施します。
鉢の中が根でいっぱいになり底から根が伸びでいる場合は、植え替えを行います。鉢から抜いた株は周りの土を1/3ほど落として、枝先を1/3程切り戻し一回り大きな鉢に新しい用土で植えます。つるは支柱にまき直し、枝の先の方からでてくる枝を切り詰め、下の方からでてくる枝を伸ばして支柱にバランスよくからめて仕立てていきます。植え替えの適期は花後です。苗の植え付けの適期は春3月下旬~4月、秋は9月頃です。

http://sodatekata.net/flowers/page/347.html
花が終わってから秋に掛けては、新芽を切って摘芯して脇芽を出します。脇芽で出てきた眼を摘芯して更に脇芽を出させて、株を大きくしてあげます。すると来年の花が非常に多くなります。
鉢から株を取り出して古い土を半分か三分の一ほど落とします。枝も三分の一ほど落とします。植え替え適期は花が終わった直後です。
中国地方や関西は場所にもよりますが庭植えは厳しいと考えてください。

http://ar-flower.com/h-jasmine7/
9月以降に出てきた新芽は、つぼみがつくので、摘まないようにします。新芽を切って摘芯して、脇芽を出させることを繰り返すと、来年花がさらに多くつくようになります。
鉢から株を抜いて、まわりの古い土を3分の1ほど落とし、根をほぐしてから、新しい鉢に植え替えます。
花が終わってから、9月ぐらいまでは、緩効性の固形科学肥料を与えてください。その後1ヶ月半おきぐらいに、3回ほど与えます。9月以降には肥料は必要ありません。

http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-346/target_tab-2
冬は室内に取り込みます。
蕾が色づき始める時期には、水切れさせないように注意します。
成長が始まる3月下旬から4月中旬、または9月下旬から10月下旬に植えつけます。
根が切れやすいので注意して、根鉢を軽くくずして植えつけましょう。
剪定:春から夏にかけて旺盛につるが伸び、成長が止まる秋から冬の低温期に花芽がつくられます。このため剪定は、花後なるべく早い時期に、主となるつる以外の、わきから出たつるを間引く(切り除く)方法で行います。全体を切り戻すように強く剪定すると、翌年の花が咲かない原因となります。 
 なお、鉢植えでは、背が高い支柱に交換し、つるを巻き直します。

https://horti.jp/245
ジャスミンは南国が原産の植物なので、暑さに強く寒さに弱い植物です。
夏は日差しが強いため、葉焼けしてしまうことがあるので、鉢植えの場合、昼間は半日陰の場所に移動させてあげましょう。
植え付けや植え替えをするときは、あまり土を落とさないことがポイントです。ジャスミンは根が傷つきやすいので、土を落とすだけで根が切れてしまい、その後の生育が悪くなってしまいます。軽く根鉢を手で崩す程度にしましょう。


http://www.worldflower.net/shop/growth/g0181
https://sodateru.hibiyakadan.com/page.jsp?id=2917277&f_name_kana=%E3%83%8F%E3%82%B4%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%83%B3

ムシトリスミレ 育て方(覚書)

http://a-t-g.jp/carnivorous-plant-cultivate-4450#page1-5
明るい日陰で管理する。直射日光は避けた明るい日陰での管理が無難です。
水やりは腰水で管理する。水やりは深さ2~3㎝の腰水で管理してください。
冬は霜の当たらない程度の屋外または室内で管理する。夏の暑さは苦手ですが、寒さには強く、凍らない場所であれば越冬できます。

http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-1036/target_tab-2
年に1回、生育期の前に植え替えを行います。群生している株はこのときに株分けをしてもよいでしょう。
株分け:2月から5月に行えます。

http://happamisaki.jp-o.net/flower/m/musitori_sumire.htm
日当たりを好むが、夏は涼しく明るい日陰、冬は凍らない所
戸外の日当たりがよく霜の当たらない軒下などで越冬
植え替え 3月から4月頃に必要なら株分けを兼ねて植え替えます。

http://www.bloom-s.co.jp/shokutyu/sh-sumir.htm
半日陰を好む植物(直射日光はなるべく避けます)

http://www3.plala.or.jp/Dionaea-Club/plants/ins_plnt/pinguicu/p_esseri/index.htm
鉢底のゴロ土部分にミリオンAを施し

ハエトリソウ 育て方(覚書)

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n143330
夏の暑さが苦手です。しかし、鉢内の温度を下げる事が出来れば比較的気温が高 くても平気なようです。
鉢内の温度を下げる為には以下の工夫があります。
・熱を吸収しやすい黒色の鉢は避ける。
・なるべく大きい鉢に植える。
・鉢内の通気性を良くする為に駄温鉢や素焼き鉢を使ったり、プラ鉢に数箇所穴 を開けて通気口をつくる。(素焼き鉢を使う場合は特に乾燥が早いので腰水の水 切れに注意)
・通気性の良い用土に植え替える。(鹿沼・赤玉・パーライトの混合用土等)
強い日光を好み根回りの高温を嫌うハエトリソウを夏に高温になる環境で通気性 の悪いプラスチック鉢で管理するのは危ないです。このように黒いプラ鉢となる と熱を吸収しやすく、用土内がより高温になりやすいです。このハエトリソウは 黒いプラ鉢の中に黒い育苗ポットで植えてあるのでダブルパンチ。もう最悪です。
出来れば夏期は毎日冷たい水を上からたっぷりあげて、腰水の水も毎日新鮮で冷 たい水にしてあげるとより良いです。
関東~九州にお住まいであれば、冬ももちろんこのまま外で管理できるので外の 寒さに当てて休眠させるのですが、冬の管理で鹿沼土の欠点として凍結すると土 の中に含まれている水分が凍ってそれによりハエトリソウの株が浮き上がってし まいます。なので、冬には画像のように表面を水苔で覆うと良いと思います。
スタンダード用土 (ミズゴケ)
こちらはハエトリソウ栽培ではもっとも基本となる水苔用土です。
保水性がよく柔らかいためハエトリソウの根が伸びやすいです。
初心者の方にとっては砂利系用土に比べたらこちらの方が簡単に植え付けできる と思います。
しかし、翌年に植え替えするときは根がミズゴケに絡まり、植え替えしにくいの と夏場は暑さで用土が劣化しやすい欠点があります。「高級」と書かれた品質の 良いものなら劣化しにくいのでミズゴケ植えする場合はより品質の良いものを使 いましょう。
ミズゴケを用土に使う場合は駄温鉢ではなく通気性重視の素焼き鉢がお勧めです。
先ほどと同じように鉢から取り出し、もう一つ水入りバケツを使い用土ごと水の 中に入れて元々植えてあった水苔を解いてゆきます。
ハエトリソウの根は黒く細いので水苔と見分けがつきにくいです。その上、ミズ ゴケにハエトリソウの根が絡みつき解きにくい。人差し指・中指・親指を使い身 長に水の中で解きます。しかし、絡まって取れない水苔は無理に取ろうとせずそ のままで良いです。誤って根を切ってしまう方が今後の生育に支障をきたす可能 性があるからです。
砂利系の方と同じように鉢底にネットと底石を敷きその上にミズゴケを詰めてゆ きます。この時、水苔を細かくちぎって使うと来年の植え替えの時に根がミズゴ ケに絡みついていても取れやすいのでオススメです。
買ってきてからすぐに直射日光にあてると、日光慣れしてない場合があり、葉が 黄ばんで葉焼けの症状を引き起こし弱ってしまうことがあります。
なので、最初の一週間程は直射日光が当たらないように少し遮光して育てて徐々 に日光に慣らすか、比較的日差しが弱い午前中の2、3時間だけ直射日光に当て るようにすると安全です。
冬になって寒くなってきたらハエトリソウは成長を止め休眠します。
地上部の捕虫葉が枯れることもあります。
外に置いたまま2,3日に1回水を上げるくらいで大丈夫です。(できれば雪や霜の 当たらない場所に置く)
1月か2月に植え替えをします。その時に株分けをして増やすこともできます。 株分けについて興味ある方はこれらを参考にしてみてください。
http://www3.plala.or.jp/Dionaea-Club/dionaea/cultvate/clt_pag5.htm
http://www.youtube.com/watch?v=OCKY9BvHeMM

http://www.yasashi.info/ha_00031g.htm
4~9月の生育期は屋外の半日陰の場所
乾いた風も嫌うので風当たりが強い場所はできるだけ避けます。
受け皿を敷いて1~2cmの水を張り、鉢底から水を吸収させてるようにします。
自生地が浅い湿地というのがポイントのひとつで、水と同時に空気も好きです。 ときどき底から流れ出るくらい、上からたっぷり水をやりましょう。そうするこ とで鉢中の老廃物が流れて、同時に新鮮な空気も入ってきます。あまり葉っぱに 水がドバドバかからないよう、株元からそっと与えます。腰水で水を張る深さを 浅くするのも、鉢内にしっかり酸素を入れるためです。
春から秋の生育期間中、月1回の割合で2000倍~3000倍に薄めたごく薄い液体肥 料を与えます。根が弱く肥料の濃度が濃いとすぐに傷んでしまいます。夏の高温 期は生育が弱ることがありますので、肥料は与えません。
常に湿らせた状態で栽培するので、用土の水ごけが傷みやすいです。傷んで腐っ てしまった水ごけは生育上よくないので、1~2年に1回植え替えます。植え替 えの適期は休眠期の冬、2月頃です。
ハエトリソウの根は繊細ですぐ折れてしまう(もろい)ので、丁寧に作業しま しょう。
休眠期に植え替えるのは、この時期なら植え替えで多少根が傷んでも株全体に与 えるダメージが少ないからです。春に暖かくなったら新たな根がでて回復します。
植え替え次に株分けでふやすこともできます。小さな球根があるので、それを確 認して葉っぱ3枚くらいで1株になるように手で分けて植え付けます。

http://kent.la.coocan.jp/Cultivation_of_Dionaea.htm
かなり用土がくたびれていることも多く、購入時に植え替えた方が無難です。
用土は3,4号の深鉢に水苔植えとします。鉢は素焼きの鉢がベストです。
戸外の日照が十分で雨に当たらない場所に置きます。
アブラムシが付くことがあります。これは薄めのオルトランで退治できます。
害虫ではありませんが、捕虫した餌が大きすぎて消化できずに腐敗し、捕虫葉まで腐ってしまうことは良くあります。ナメクジや小型のアマガエルも良く捕らえますが、これらは非常に腐りやすいので見つけたらすぐにピンセットで強引に取り除いた方が無難です。
小さい株は花が咲くと株が弱ったり枯れたりするので、結実させずに花茎を切り取ったほうが良いでしょう。
蕾が雨に濡れないよう注意してください。雨に濡れると花が咲かなかったり

http://a-t-g.jp/deonaea-muscipula-4527
植え替えの手順
水が4~5秒で流れるようであればOK
2秒ほどでさっと流れるようならば、まだ空洞が空いているため、もう少し水苔で隙間を埋めます。
逆に水が溜まって抜けづらいようであれば、水苔を堅く詰め過ぎなので、少し減らして調整します。

http://cse.ffpri.affrc.go.jp/akema/public/tips/misc/Dionaea.html
水がなくなったらすかさず上からかけるようにして、
室内であればコップの水を上から注ぐのが良いでしょう。株の真ん中にかけてやって差し支えありません。
ハエトリグサは、育てていると俗に「分裂」と呼ばれる現象を起こし、元々ひとつの株だったものがいくつかに分かれて密生した状態になることがあります。そのままでもすぐにどうにかなるわけではないのですが、見た目が悪いし個々の株も貧弱になるので、掘り上げて株ごとに分けてやることもできます。冬に行うのが良いそうですが、
「分裂」したハエトリグサを鉢からミズゴケごと取り出し、水を張ったバット(洗面器などでよい:粉砕バットでは決してない)に入れて、古いミズゴケを取り除きます。ハエトリグサの根は株の中心近くから真っ直ぐ下に数本伸びています。根が分枝しているのは見たことがありません。黒く腐っているものもあるでしょう。黒くても硬いもの、先が白いものは生きていますので傷つけないよう。ていねいにミズゴケと枯死根・枯れ葉を取り除いたら、自然に株はばらばらになるはずです。
葉柄の付け根付近が肥大して「球根」になっているので、ミズゴケの表面から1cmくらいの深さになるようにしてやります。

http://sodatekata.net/flowers/page/566.html
http://wadai123.com/archives/462

モウセンゴケ 育て方(覚書)

http://www.yasashi.info/mo_00001g.htm
明るい日陰
特に真夏は直射日光を避けられる場所に置きましょう。
冬は寒風や凍結、霜を避けたベランダなどに置きます。
特に葉っぱが枯れて、冬芽の状態になるものは耐寒性が強めです。
湿地に自生する植物で、「水が好き」というより「水のある環境が必要」です。 鉢の下に受け皿を置いて、水をため、底から水を吸わせるようにします(腰水と いいます)。水はときどき取り替えましょう。 また、冬は葉っぱが枯れて休眠 しますが(しない種もある)、根はしっかりと生きているので乾かさないように ちゃんと水を与えます。
もともとやせ地に育つ植物で、肥料はいりません。
水ゴケが手軽で扱いやすいです。
水ゴケが腐りやすいため、1~2年に1回新しい水ゴケで植え替えます。植え替 えは休眠している冬の間が適しています。

http://a-t-g.jp/carnivorous-plant-cultivate-4450#page1-4
日当たりの良い場所で育てる。
春から秋までは屋外の日当たりの良い場所の方が良いでしょう。
ただし、夏はレースのカーテン越しぐらいの直射日光を和らげた場所に置いてく ださい。
夏の直射日光は、蒸れや鉢内の温度が急激に上がって根が傷むなどの症状が出る ことがあるためです。
冬になれば室内の窓際で日当たりの良いところに置いてください。

http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-1029/target_tab-2
1年を通して日当たり、風通しともによい場所に置きます。
群生している株は、このときに株分けをしてもよいでしょう。
株分け:3月から5月に行えます。
花茎切り:花は花穂の下から上へ咲いていきますが、種類によってはすべてを咲 かせると株が弱ってしまいます。全体の2/3ほど咲いた時点で花茎を切ると、株 の消耗も少なくてすみます。
ミズゴケを使う場合は、鉢自体に通気性がある素焼鉢、砂系用土は駄温鉢やプラ スチック鉢でいいでしょう。

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n305810
http://www.ad.cyberhome.ne.jp/~t-konta/bringupshokuchu.htm
http://www.geocities.jp/yrp24/CarnivorousPlants/Capensis.html
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/jips/CpFaq/faq3090.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。