万両の育て方

http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-362/target_tab-2
一回り大きな鉢に植え替えます。
鉢に根が回っていなければ、同じ大きさの鉢でもかまいません。細根が少ないの で、根を切らないように注意しましょう。
スポンサーサイト

トレイ蒔き(覚書)

http://ichiha20.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-8b49.html
朝顔

http://hige-oyaji.at.webry.info/201005/article_12.html
オキナワスズメウリ 朝顔
たくさん蒔こうとするとポットと土がやたらに要るんだよね。中には芽が出ないヤツなんてのも結構あるしね。要するに土とスペースが勿体ないって話だ。

http://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_r_detail&target_report_id=5345&target_page=2
朝顔
128穴

http://unsui.blog.jp/archives/3203042.html
朝顔

http://blogs.yahoo.co.jp/goyanigai2002/56678360.html
セルトレイで苗作りをするメリットは
・大量に苗が要る野菜に適している
・幼苗時の虫害に合わない
・温室での苗作りが出来る
・2~3週間、畑を有効活用できる
・直播より良い出来が期待できる
など、たくさんありますが、デメリットはとにかく面倒であることに尽きます(^。^)。
小松菜とホウレンソウ 
春から夏にかけての苗作りには水枯れの心配があるので50穴セルトレイが適します。晩秋の今は定植時のやり易さから128穴トレイが適しています

http://rakunourakusha.blog69.fc2.com/blog-date-201304.html
4マスのセルトレイで育てていたトマト、ミニトマト、ゴーヤ
ついでにキュウリの種を同じ土を使い4マストレイに蒔いた。

http://blog.livedoor.jp/flower63326/archives/31011120.html
7/25に4種の種蒔きをしました。
左奥の縦3トレイ「茎ブロッコリー スティックセニョール」
左手前の四角く4トレイ「ブロッコリー 緑嶺」
左から2列目奥3トレイと真ん中の1列「キャベツ めぐみ極早生」
右から2列目1列「キャベツ 中生甘藍」

http://hige-oyaji.at.webry.info/201106/article_12.html
枝豆

http://blogs.yahoo.co.jp/ddxrr365/31946062.html
きゅうり

http://home.hiroshima-u.ac.jp/kondotk/journal/ltr100719.html
プラグトレイへの種まき。キャベツ、キュウリ、ベトラーヴ(ビート)を蒔いた。

https://jasaga.or.jp/s/agriculture/douga/11/1101/index
40穴
キュウリとピーマン

http://ameblo.jp/izawan117/entry-10825934259.html
ミニトマト、中玉トマト、大型福寿トマト、地這きゅうり、早生ピーマン、バジルと青ちりめんしその7種類

http://ameblo.jp/izawan117/day-20110222.html
ミニトマト、中玉トマト、大型福寿トマト、地這きゅうり、早生ピーマン、バジルと青ちりめんしそ

http://www.kyouhata.com/kyuu09-rec.htm
トマト、なす、パプリカ

http://blog.goo.ne.jp/rabi714/e/d64cae85aa04a9a85b9dc8cffb100804
トマト

http://akabira-orc.jugem.jp/?eid=1932
風船かずら ひまわり

http://2hankan.com/T-hanabisisou.html
ハナビシソウは直根性で植え替えを嫌います。
直根性とは左図のように、太い根(主根)がまっすぐ深く伸びて、根があまり枝分かれしない性質を言います。 移植(植え替え)の時などに、この太い根を傷つけたり、切ってしまうと、それ以上根が生育しなくなります。
初心者に一番簡単なのは直まきです。 しかし、種まきの適期の9~10月は、まだ、花壇やコンテナが空いていない場合には、プラグトレー(セルトレー)やポットまきがオススメです。
平鉢や箱にもまけますが、小苗の間に、ポットに移植する必要があります。
ピートバンは、根を傷つける恐れがあるので、直恨性植物の種まきの場合、初心者にはお勧めできません。

http://homepage3.nifty.com/sunscourt/godetia.htm
ゴデチア 
ポリポットまきかプラグトレイまきがベスト
直根性で、移植を嫌います


トレイ
http://2hankan.com/S-puragutorei.html
移植時に根を傷める心配がありません。

ゴーヤ 種まき(覚書)

http://www2u.biglobe.ne.jp/~bird-st/f_plant.htm
まず、発芽しやすくするために種の尖った方を爪切りなどで少しカットします。次に水でヒタヒタにした小皿等に入れて発芽を待ちます。3~4日すると種から白い根が出てきますので、土を入れたジフィーポットなどに1.5cmの深さでそっと植えましょう。または、カットした種をぬるま湯に一晩浸してから翌日ポットに植え付けても大丈夫です。

http://www.takii.co.jp/veranda/lecture/pdf/01_lecture.pdf#search=%27%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%A4+%E7%A8%AE%E3%81%BE%E3%81%8D%27
種を一晩、水につけておきます。
1週間~10日後くらいに芽が出てきます。

http://www.chuden.co.jp/midori/raise/bitter-gourd/
種は硬いので、一日水につけてたっぷり吸水させてからまくと発芽時期がそろいます。(発芽率80%以上)
尖っている部分が下になるように種をまき、土を1cmくらいかぶせて水をたっぷりあげます。

http://yasainosodatekata.com/sodatekata/miyasai/go-ya.html

http://suumo.jp/edit/green/howto_goya.html
タネを1晩水に浸すか、ペットボトルなどにタネを入れてシャカシャカ振り、2時間ほど水につけてから植えましょう。(水に浮くタネは発芽しないので除去する)
1cmほど土をかぶせ
タネを植えて、1週間ほどで発芽します。

ラズベリーその他いろいろな種、3寸アヤメ、アイビーいかがでしょうか?

この記事は、しばらくの間 トップに置きます。

ラズベリーの種が採取できます。
実ごと郵送します。
3個を一口として、とりあえず2名の方
もしその後も採取できそうでしたら改めて募集させていただきます。

下記の種もあります。
いかがでしょうか?
五色トウガラシ トウガラシ(観賞用) 朝顔アーリーコール、西洋朝顔フライングソーサー、地バイキュウリ、オシロイバナピンク・・各1名
タカサゴユリ、黄花コスモス、リクニス、おだまき、モミジアオイ、おもちゃ南瓜、アヤメ、バーベナボナリエンシス、朝顔mix、オジギソウ、フウセンカズラ、朝顔2種類、ルドベキアタカオ センニチコウファイヤーワークス 青花ホオズキ・・各数名
食用ホオズキの実(1つの実に沢山の種が入っています)・・3個を一口として、2名
バジル(紫、白色)・・数名OK ご希望の色も連絡ください。
梱包料・・1種類20円、2種類より10円ごとUP(2種類だと30円) 

アイビーの挿し穂・・5本組 数名
梱包料50円

3寸アヤメを植え替えし、余剰株が出ました。いかがでしょうか?
梱包料50円

切手もしくはネット銀行(ゆうちょ銀行・新生銀行・楽天銀行・JNB)へお振込みお願いします。

ご希望の方は下記までメールお願いします。
件名は「種希望」でお願いします。
miya.yoshie@nifty.com

フウセントウワタ ギンセンカ(ヒビスカス・トリオナム) ノウゼンカズラ種蒔き(覚書)

http://homepage3.nifty.com/sunscourt/

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=76106087&comment_count=645&comm_id=272110
ノウゼンカズラは種蒔きしたことはありませんが、採り蒔きすると聞いています。

フヨウ 種蒔き(覚書)

http://www.yasashi.info/a_00009g.htm
種皮が堅く水を吸いにくいので、充分吸水させるか表面に軽く傷をつけてからま きます。そうすることで発芽率が良くなります。
根は直根性といって枝分かれしにくい根で移植が難しいためあらかじめ耕してお いた場所に直まきし、間引きながら育てるか小さなビニールポットに3粒くらい まいて間引きながら苗を作って植え付ける方法があります。


http://www.yasashi.info/hu_00036g.htm
http://happamisaki.jp-o.net/flower/a/americafuyo.htm
http://sodatekata.net/flowers/page/54.html