スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤種三尺ささげ、ハナニラ、水生植物(アサザ、ウォーターバコパ、トチカガミ)、ニセカイソウ、イソギク、フリージア、ホオズキ、朧月、ベンケイソウ、アイビー チェッカベリー いかがでしょうか?

赤種三尺ささげを3号ポットに種蒔きし、発芽したものが 6ポットの余剰があります。
梱包料・・50円

チェッカベリーの種(実)・・10個くらい
フリージア・・10球くらい
ニセカイソウ(チビ球)・・一口5球 3口あります。
ハナニラ・・一口10球 2口あります。
梱包料・・20円

トチカガミ・・15本くらいあります。
ウォーターバコパ・・10本くらいあります。
朧月(刺し穂)・・10本くらいあります。
アイビーの挿し穂・・5本組 数名
イソギクの挿し穂・・5本くらい
梱包料・・30円


ベンケイソウ・・1株
ホオズキ、アサザ 各2株あります。
梱包料・・50円

切手もしくはネット銀行(ゆうちょ銀行・新生銀行・楽天銀行・JNB)へお振込みお願いします。

ご希望の方は下記までメールお願いします。
件名は「苗希望」でお願いします。
miya.yoshie@nifty.com
スポンサーサイト

ホオズキ、アマリリス、トチカガミ(水生植物)、朧月、多肉、アイビー いかがでしょうか?



s-K3410243.jpg

株分けなどをして、余剰苗がでました。
いかがでしょうか?
希望数をお知らせください。

ホオズキ、アマリリス 各2株(個)あります。
梱包料・・ホオズキ・・1株50円 2株60円
     アマリリス・・1個30円 2個40円

トチカガミ(殖芽)・・15本くらいあります。
朧月(刺し穂)・・10本くらいあります。
梱包料・・30円

写真の多肉(名前わかる方、教えて下さい)・・1株
梱包料・・50円

アイビーの挿し穂・・5本組 数名
梱包料・・30円

切手もしくはネット銀行(ゆうちょ銀行・新生銀行・楽天銀行・JNB)へお振込みお願いします。

ご希望の方は下記までメールお願いします。
件名は「苗希望」でお願いします。
miya.yoshie@nifty.com

ホオズキ(覚書)

http://www.yasashi.info/ho_00010g.htm
寒さには強いので冬に防寒対策を行う必要はありません。
湿り気のある土を好み乾燥を嫌います。
ゆっくり効くタイプの粒状の肥料を混ぜ込んでおきます。追肥として春の生育期~花が咲く頃まで液体肥料なら2週間に1回、固形の肥料なら1ヶ月半に1回の割合で与えます。
毎年、株分けも兼ねて植え替えます。
株分けは掘り上げた地下茎を3~4節で切り取り6号鉢(直径18cm)に5~6本を目安に植え付けます。株分けの適期は3~4月です。
水切れに注意

https://horti.jp/8091
https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-359/target_tab-2
http://sodatekata.net/flowers/page/835.html
http://www.sakataseed.co.jp/product/search/code00906810.html
http://www.sodatekata-box.jp/content/10376
http://sodateru.hibiyakadan.com/search.jsp?database=qaCare&id=3805662&searchresult=3805492&name=%E3%83%9B%E3%82%AA%E3%82%BA%E3%82%AD

水性植物

http://www.sakai-hanatebako.org/qa130601.html
植替えは春から夏にかけて行う、2、3年に1回行うこと。

http://www.biotop-g.jp/shop/index.cgi?mode=itemview&no=0015
赤玉土

ベニジアアークトチス 育て方(覚書)

http://sodatekata.net/flowers/page/456.html
霜に当たらなければ暖地での越冬は可能
高温多湿に弱いので、夏越しが難しく、基本的に全て一年草と考えて育てた方が精神衛生上も健康的
湿気の多い状態を好みませんので、水のやり過ぎに気をつけてください。
開花期間は肥料を追加してください(4~7月)。肥料は液肥なら一週間に一回。緩効性肥料ならば一ヶ月に一回です。リンの多めのものを。
乾燥気味の管理
苗で冬を越す場合は、寒さに弱いです。防寒が必要
直根性で太い根が傷つくと生育不良を起こし枯れることもあります。ポットから取り出すときも土をほぐさず、土を落とさずに、そのまま植え替えをします。
鉢に根が行き割って植え替えをするときは、値を崩さないようにして、新しい土で、一回り大きな鉢に植え替えをします。
株全体が老化して、夏越しさせても、何年も生育はしません。寿命が短い多年草です。植え替えをするときは土を崩さないようにして一回り大きな鉢に植え替えてください。

http://www.yasashi.info/a_00069.html
https://sodateru.hibiyakadan.com/page.jsp?id=2917277&f_name_kana=%E3%83%99%E3%83%8B%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%81%E3%82%B9
http://aquiya.skr.jp/zukan/Venidio-Arctotis_cvs.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。